2019年5月24日 (金)

ニュースレター5月号公開!

弊社発行のニュースレター5月号を弊社webサイト上に公開しました。

http://hanano-cpa.a.la9.jp/nl.htm

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

『「王室」で読み解く世界史』

★★★
王になるには血筋が大事だが、皇帝には誰でもなれる。
例外はありますが、目から鱗が剥がれる感じでした。
王をいだく国、排した国の違いなど納得しました。
世界の見方を教えてくれる1冊です。

 

| | コメント (0)

『セイバーメトリックスの落とし穴』

★★★★
プロ野球を経験したことがない素人による野球論ですが面白いです!
分析はとても素人とは思えません。
データに偏重しすぎた大リーグの問題点の指摘にも説得力があります。
この豊富なデータと理論には、日本のプロ野球解説も見習ってほしいものです。

 

| | コメント (0)

『AI時代のビジネスを支えるデータセンター読本』

★★★★
AI、IoT、ビックデータと、ITの進展には目覚ましいものがあります。
しかし、これらの技術がいくら進んでも、それを支えるインフラであるデータセンターが貧弱では話になりません。
そもそもデータセンターとは何か、その課題はなにか、そして未来は何かを教えてくれる1冊です。

 

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

『法学の誕生』

★★★★★
この本を読むと明治の人々がいかに苦労して西洋の学問(知識と思想)を日本に取り入れたかが分かります。
まるで異なる日本人の考え方に、西洋的な学問を取り入れるという途方もない事業に、当時の天才的な頭脳が取り組んで成功した恩恵をわれわれ現代の日本人は教授しています。
ただ、光があれば影あり、その弊害も受け継いでいます。

 

| | コメント (0)

『「新自由主義」の妖怪資本主義史論の試み』

★★★
経済学史論ですが、資本論のベースを理解していないため十分に理解することができませんでした。

 

| | コメント (0)

『尾張名古屋の武芸帳』

★★
尾張藩の武芸に関して、尾張柳生と朝日文左衛門を軸に解き明かしています。

 

| | コメント (0)

『世界のビジネスエリートが身につける教養西洋美術史』

★★★★
西洋美術は感覚的に鑑賞するものではなく、読み取るものであるとするところが新鮮でした。
西洋美術、特に絵画の見方が変わりました。

 

| | コメント (0)

『「日本の伝統」の正体』

★★★★
現在、われわれが伝統と思っていることの歴史が意外と新しいことを解き明かした1冊です。
初詣は、明治後半から鉄道会社の営業戦略から生み出されたもので江戸時代にはありませんでした。

 

| | コメント (0)

『つくられた卑弥呼』

★★★★
考古学研究の成果などを踏まえて、古代日本では男女の差異がなかったことを解き明かした1冊です。
古墳の被葬者である地域の首長の半分が女性であったことには驚きました。

 

| | コメント (0)

«『驚くべきCIAの世論操作』