2021年1月20日 (水)

『世界が認めた魂の技術』

★★★★
東証1部上場会社朝日インテックの創業者である宮田尚彦氏の一代記です。
この本を読むと朝日インテックのガイドワイヤーが世界的に高いシェアを誇る理由が分かります。
いかに技術を内製化するか、外部に依存する部分を減らすことにこだわっている経営姿勢が分かります。
町工場からグローバルな企業にいかになったか。中小企業にも経営にも参考となるものがあります。

 

| | コメント (0)

『入門フリーメイスン全史』

★★★★
秘密結社として兎角、陰謀論の主役にされるフリーメイスンですが実体はよく分かっていません。
その歴史を日本人で元グランド・マスターであった著者が資料に基づいて解説しています。
友愛団体であるフリーメイスンがどうして陰謀論で取り上げられるようになったかもよく分かります。

 

| | コメント (0)

『Google式10Xリモート仕事術』

★★★
Googleのアプリ(無料)10個を使ってリモートワークにおける生産性を向上しようとするものです。
アプリの機能のいくつかは未知のもので今後利用してみようと思いました。
ただ、本格的に仕事で使い始めると無料版ではすぐに制約や限界に早晩突き当たるように感じました。
しかし、そのあたりは先ずはトライしてみましょうという感じで広告のようにも感じました。

 

| | コメント (0)

『現代経済学の直観的方法』

★★★★
学生時代に学んだ経済学を体系的にアップデートするのに役立ちました。
これまでバラバラに理解していた知識が一つに繋がった感じです。
理系的な発想でまとめられているところも演繹的に理解できて良い点かもしれません。
ブロックチェーンの解説をしている章だけでも読む価値があります。

 

| | コメント (0)

『地形と地理でわかる古代史の謎』

★★
地図が多く掲載されたいので新しい発見があるかと期待しましたが期待ハズレでした。
古代史のポイントを地図と関連させたいと思う人にはいいかもしれません。
すでに歴史と地図が頭の中で結びつけられている人には新しい発見はないかもしれません。

 

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

ニュースレター1月号を公開しました!

弊社発行ニュースレター1月号を弊社webサイトで公開しました!

http://hanano-cpa.a.la9.jp/nl.htm

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

『凡人が、14年間の実践で身につけた億稼ぐ接客術』

★★★
名古屋の伝説のキャバ嬢の接客のノウハウを余すところなく公開した1冊です。
後半のノウハウ編は一般のビジネスでも役に立つことが多いでしょう。
序章の生い立ちは彼女のモチベーションの素がなんなのかがわかります。
前半のキャバ嬢時代の話の中では、彼女の話より一晩で5百万も使う客の仕事の方が気になりました。
昼間の世界とは異質な世界がそこにはあります。

 

| | コメント (0)

『世界の今を読み解く政治思想マトリックス』

★★★★
混迷を極めた2020年のアメリカ大統領選挙でしたが、何が争われていたのか?
日本の報道からではみえてきません。
そこでこれまでの政治史を自由と平等、グローバリズムとナショナリズムのマトリックスで考えるとスッキリします。
大きく俯瞰的に世界を見るのに参考になる1冊です。

 

| | コメント (0)

『レンブラントをとり返せ』

★★★
ジェフリー・アーチャーの新作小説です。
今回は刑事もののシリーズです。
第1冊目のこの本では美術品窃盗犯がテーマです。
ただ単に盗むのではなく、保険金と絡めた犯罪です。

 

| | コメント (0)

『操られる民主主義』

★★★★★
世界では巨大IT企業が大きな影響を与えています。
彼らはビックデータにより我々の消費性向だけでなく、政治的な判断にも影響を与えています。
IT化が進んだ国では民主的な意思決定が阻害されています。
巨大IT企業は国家と対峙し始めています。
我々は民主主義の終わりの始まりを観ているのかもしれません。

 

| | コメント (0)

«『見える化』