« 生きていた雛 | トップページ | 公務員は嵌められた? »

2005年6月15日 (水)

雇用実態調査

今日、愛知労働局から『雇用実態調査』が来ました。当社も設立して9月で4年になるので来たのかも知れません。

雇用の調査となっていますが、どうやら労働保険の未加入事業所へ労働保険の加入を促すもののようです。

当社には、対象者がいないため、その旨記載して返送しますが、いくつか気になる点があります。

送られた来た資料を見ると、当社には4桁の番号が振られているようです。多分労働保険に未加入の事業所を登記簿か何から洗い出して付けているのでしょう。

当社は社会保険に加入しているため、そちらのデータを入手すれば労働保険の対象者がいないことがわかるかと思います。

社会保険事務所も労働局も同じ厚生労働省の管轄なので、相互に連絡を取り合えば郵送費ほか無駄な支出をしなくても良いかと思います。

それに、労働保険への加入手続きの小冊子が同封されていましたが、当社にとっては全く無駄になります。資源がもったいないですね。

これも。想定するに相当多くの事業所へ配布していると思われますので、相当な無駄だと思います。

多分、この小冊子の単価は非常に安いと思いますが、発行部数は相当な数になると思いますので、トータルではかなりの金額になると思われます。

これらの支出の元は、労働保険料でしょうからできるだけ不必要なものは、作らない方が良いと思いますね。

|

« 生きていた雛 | トップページ | 公務員は嵌められた? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/4564722

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用実態調査:

« 生きていた雛 | トップページ | 公務員は嵌められた? »