« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月31日 (日)

野次馬になってしまいました。

昨日、昼過ぎにテレビを見ていると消防車のサイレンとゴムの焼けたにおいがしてきましたので近くに火事が発生したことがわかりました。

母親が2階から見ると、意外と近くから煙が立ち昇っているということで、思わずその場にいた父と二人で現場に向かいました。

単なる野次馬として。咄嗟のときに親子で同じ行動を取るのも、やっぱり親子だからでしょうか。

現場につくと、もうすでに警察が道路を封鎖して、多くの野次馬が道を隔てた神社から見ているような状況です。

被害はどうも建物だけのようで救急車は来ていませんでしたが、住宅地ということもあり消防車の台数が目立ちました。

火はすでに下火になっていましたので、すぐに家へ帰りましたが、しばらくはヘリコプターが飛び回り、テレビの音声も聞き取れないような状況でした。

夕刊には間に合ったようで、3面に事実だけされていましたが、原因などはわかりませんでした。

実は、火事の現場をリアルタイムで見るのは初めてで、思わず野次馬をしてしまいましたが、現場だけでは何も情報がわからないということがわかりました。

余ほど、夕刊の小さな記事の方が、情報は多いです。事実だけでは情報になりえないことが、今回野次馬をしてわかりました。

それと親子の行動パターンも似ていることも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

何事も

私たちのもっている「サムライ」像が打ち砕かれる本です。

われわれの知っているドラマや映画の「サムライ」は、理想化された幻想でしかないことがわかります。

新渡戸稲造の『武士道』さえ西洋のキリスト教に対抗するために美化された姿であるということです。

理想化された姿が過去には普遍的に存在していたとする論者には注意する必要があるかもしれません。

何事も常識と考えず懐疑的な態度で接することが重要であると教えられました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月29日 (金)

えぇ、ひとりで

先週出版した拙著の感想や質問をぼちぼち頂くようになりました。

質問で一番多いのは、「一人で書いたんですか?」という質問です。

答えとしては、当然「ええ、1人で書きましたよ」とお答えしています。

『会計』という狭い分野ですが、それでも多岐にわたる内容ですから、そういう疑問も不思議ではないかもしれません。

また、索引まで入れると300ページになりますので、ますます1人の作業ではないと思われるのでしょう。

執筆は2月からのほぼ5ヶ月で、4月からの3ヶ月は、土日やゴールデンウィークもほぼ休みなしで書きました。

実は、本文と図解などは1人で書きましたが、そのあとの出来上がったゲラは何人もの方に見ていただいて修正しています。

特に、索引の英訳については、多くの方にご協力いただいてあのように出来上がることができました。

そういった意味では、私1人の力ではなく、担当編集者を始め多くの方と作り上げた本だといえます。

ただし、念のためにゴーストライターや他の執筆者はいませんので、あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

今日の『履歴書』から

日本経済新聞の最終面に連載されている『私の履歴書』を時々読んでいます。

必ずしも毎日という訳ではありませんが。

今の連載は、自転車用駆動部品を製造している「シマノ」の島野喜三会長です。

趣味のゴルフの腕前は、シングルという方です。

その島野会長が若いときに、米国への赴任に当たり決意したことが、1年間ゴルフを控えるということでした。

「仕事に集中するには、好きなことをやめるのが一番と思ったからである。」

一流の経営者には、好きなことを止めても仕事に打ち込む集中力があることがわかります。

会社を起業したときとか、特に会社が危機に陥っているときには、見習うべき姿勢だと思います。

会社の資金繰りが逼迫しているにもかかわらず、現実を直視しないことは経営者として厳に慎むべきです。

毎日のように飲み歩く、カラオケ、ゴルフ、パチンコ、競馬など、経営者の姿勢が会社から危機感を奪っていきます。

従業員や部下は、経営者の『鏡』です。

従業員や部下を批判したくなったら、まず自らの姿勢を見直してみることも経営者には必要なことではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

そろそろ、やらなければ。

ついに法人の申告書が届きました。

そろそろ、決算を組まないといけないかなと思いはじめていたところです。

しかし、2ヶ月以内に申告すればいいのだし、簡単な決算なので、まだまだ余裕です。

そんなことを言っていると、最後に慌てることになるんですよね。

まあ、来月の終わりまでに何とかすればいいわけで。

ということで、お盆休みは決算ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

あれ?どこへ

現在の天候は、薄曇、無風です。

台風君はどこにいるのでしょうか?

と思っていたら東京の方は大変そうです。

先ほどの電話では、ずぶ濡れで出勤されたようです。

関東方面の方は、くれぐれもお気をつけ下さい。

ということで、少し残念な気がするのは私だけでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

明日は、もしかしたら、

台風が近づいています。

明日はもしかしたら、直撃になるかもしれません。

お昼にアポが一つあるだけなので、早めに店じまいをして帰ることになるかもしてません。

実をいうと、子どものころは、台風が来るというとワクワクしていました。

父が雨戸を釘で打ちつけたりして準備をしていると、そのうち風が強くなってきて雨戸に雨が叩きつけられます。

風が強くなり、時には停電になります。

しかし、時が過ぎると風も雨も弱まり、たいてい次の日は台風一過の晴天でした。

いつも家に守られていることを実感できる、子供心にうれしい時でもありました。

災害の多い地域の方にとっては、不謹慎かもしれませんが、このように感じていました。

大人になると、仕事が台風より優先され、台風はただの厄介者になってしまいました。

ということで、それほど早くはありませんが、明日に備えて今日はこれで帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

とりあえず、23位ということで

とりあえず、

『用語の意味が一目でわかる 図解 会計キーワード』

日本実業出版社 ¥1,700+税


http://tinyurl.com/bcodg

は、Amazonのカテゴリー[財務会計・会計学]で今のところ23位です。

総合的な売上ランキングは15,000番代です。

もう少し、上がってくれるとうれしいのですが・・・

こればっかりは、何ともなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

やっぱり、最高でした。

以前にも、ご紹介しましたがやっぱり最高に良い本でした。

さすがマーケティングライターの本です。

どこを切っても参考になることばかりです。

これからの時代書くことなしにマーケティングは語れないでしょう。

営業かかわる人すべてが必須の本です。

個人的には、今関心があるニュースレターの作り方が一番参考になりました。

最高にお薦めの本ですから、是非お読み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月22日 (金)

ありました。良かったです。

今日は、

『用語の意味が一目でわかる 図解 会計キーワード』

日本実業出版社 ¥1,700+税


http://tinyurl.com/bcodg

の発売日です。

中ぐらいの本屋さんへ行ったら置いてなくて、焦りました。

街中の大きな本屋さんには、平積みされていて安心しました。

でも、Amazonの方は、まだ「予約できます。」でしたので心配です。

とりあえず、発売開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

いよいよ明日です。

いよいよ明日が、拙著の発売日です。

『用語の意味が一目でわかる 図解 会計キーワード』

日本実業出版社 ¥1,700+税

http://tinyurl.com/bcodg

ついに来たか、という感じです。

店頭での扱いも気になりますし、Amazonの方の売上ランキングも気になります。

明日は、朝からインターネットをチェックしていることでしょう。

また、夕方には、書店めぐりをしようと思っています。

すでに、お願いできるところには、全部お願いしてしまったので、あとは祈るだけです。

書店で見かけたら、是非コメントをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

喪失の国、日本

以前、少し触れたことがある本です。

インドと日本というそれぞれに究極になる世界を訪れる者が感じるカルチャーショックが描き出されています。

通常であれば、日本人よるインドということになりますが、この本は逆でインド人による日本を描いています。

時はバブル崩壊直後です。

著者は、インドのエリートビジネスマンですが、どこまでも深く日本を観通すその姿は哲学的でさえあります。

われわれが通り過ぎてきた時代を振り返るには、最適な書かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

ついに来ました。

ついに来ました。

『用語の意味が一目でわかる図解会計キーワード』

製本されたものは、ゲラのイメージとは違って本当に本らしくカッコいいです。

早く本屋に並んだ姿を見てみたいです。

金曜日が待ち遠しいですね。

たぶん金曜日は本屋めぐりになるでしょう。

見かけた方は、是非手にとって見てください。

これまでの会計の本にはない新たな発見がたくさんあるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

『恋する神父』

『恋する神父』

韓流映画です。

ラブコメディで、かつ、ありきたりのストーリーですが楽しめます。

主人公の神父が恋するボンヒ役のハ・ジウォンが最高にかわいいです。本当にはまり役です。

映画は、はじめの方で大体の話の流れは、わかってしまいますが、ハ・ジウォンの魅力に見せられた一本になってしまいました。

彼女のような女性が現れたら、イエス様でも恋に落ちてしまうでしょう(?)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年7月17日 (日)

今日という日の不思議

今日は、不思議な日でした。

もともと、ある知り合いと会う約束をしていたのですが、その前後に幼馴染の友達と偶然会いました。

日ごろは、なかなか会う機会がなく、ご無沙汰をしていた友達です。

メールでは、今週発売の本のことを送信していたのですが、彼らに直接会うとは思いませんでした。

どちらの友達も純粋に今回の出版を喜んでくれました。

なぜか、古くからの友達に会うと、気持ちが緩んでしまいます。

それだけ、自分自身が緊張していたことがわかります。

日ごろの何気ない生活のストレスが少し軽くなったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

さすがに19017です。

さすがに、本の順位も落ちてきました。7月16日23時38分現在、アマゾンの売上ランキングは19017番です。

これでも、発売日前の本にしては、すごいことだと思います。予約していただいた皆さんありがとうございます。

あと、本の実物を見るのが待ち遠しいのと、発売日に本当に売れるのかで、不安で一杯です。

先ほど、売上ランキングといっしょに確認したところ、出版社からの内容紹介が書き込まれていました。

客観的に書かれた宣伝文を読んで、我ながらそういう特徴があるのかと思いました。外からの視点で気づかされることもありますね。

いずれにしろ、後1週間で結果が出ます。それまでは、売れてもいないのに売上ランキングが気になることでしょう。

とりあえず、しばらくはドキドキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

想像以上に、カッコいい?

今日の朝、今回お世話になった出版社の編集者からメールで、出版社へ本の納品を知らせていただきました。配本は来週です。

本の出来上がりは、想像以上にカッコいいそうです。中身がないといいけませんが、見栄えがいい方がいいですよね。

早く見てみたいのですが、明日は仕事で宅配便を受け取ることができません。週明けに受け取るのが今から待ちどうしいですね。

ちなみに、アマゾンの今日見た売上順位の最高位は175位でした。発売後もこの調子が続くとうれしいですね。

ということで、まだ予約されていない方は、次のURLをクリックだけでもしてみてください。

http://tinyurl.com/bcodg

そして、そのときの順位が175位以上の時にはコメントをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

瞬間風速で186位が出ました。

来週の金曜日(7月22日)発売の拙著(『用語の意味が一目でわかる図解会計キーワード』)のアマゾンの順位が瞬間的に186位までいきました(本日14日の午後7時ぐらい)。

まだ、発売前の予約段階ですが、びっくりしました。今日昼過ぎから知っている方へ、来週発売の旨と予約できることをお伝えするメールを打っていましたがその反響だと思います。

確かに4時間ぐらいかけて300通ぐらいは出しましたが、奇特な方が多いのか次々に予約していただいたようです。お電話をいただいた方もいました。

正直、発売前にこれほど予約していただけるとは思いませんでした。逆にこれから反動で順位が下がりつづけるのが怖くもあります。

しかも、これだけ多くの方に現物を見ずに予約いただいたということに、プレッシャーを感じています。現物を見ていただい時に期待を裏切らないように祈るだけです。

発売日までは、不安が続くと思います。できるだけ多くの人に読んでいただき、少しでもお役に立ちたい思います。

今は、ただご予約いただいた方々に感謝の気持ちだけです。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

たぶん、すごっくいいと

これまで、いろいろな本の感想をご紹介してきました。基本的には自分で読んだ感想をそのまま書いてきました。

今回は、私自身まだ読んでいない本のご紹介です。

メールとかネットでのビジネスが盛んになればなるほど書くことの重要性が増してきます。

しかし、上手く書くことって難しいですよね。このような悩みを解決してくれる本が昨年出版れました。

『「書く」マーケティング」 堀内伸浩 明日香出版社

です。この本は非常に良い本でHPの方でも紹介させてもらいました。何を書いたらよいか迷うときにヒントをくれます。

著者のセミナーにも行きました。

同じ著者が、今週第2弾を出版しました。読む前から良い本の匂いが漂っています。

なぜ、そんなことが分かるかといば、著者のメルマガを購読しているからです。

早速、アマゾンで注文しました。

たぶん、きっと良い本ですのでお薦めします。

読んだ後には、また感想を書きます。またお薦めすることになると思います。それだけ期待しています。

皆さんも、是非お読み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月12日 (火)

え!もうできるの

びっくりしてしまいました。

今月発売予定の私の本の予約がアマゾンでできるようになっていました。

本自体の刷り上りは今週の金曜日(15日)だというのにです。

それに、発売予定日は22日(金曜日)です。

奇特な方は、予約をお願いします。本はまだ存在していませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

インド人から見ると

今、日本にかつて来たインド人ビジネスマンの本を読んでいます。

その中で、仏教徒なのに肉や魚を食べ殺生をする日本人とはどうゆう人達なのかというくだりがあります。

それは、彼が日本へ来る飛行機の中で、想像していることなのですが。

言われてみればそうなのですが、外から見れば不思議に思えるのでしょう。

こういうことって、国とか民族という大きなレベルでなくても結構ありますよね。

たとえば、会社とか家族とか、そこでは当たり前でも、外から見ると不思議なことって。

たぶん個人レベルでも。

それを受け入れることが、お互いに理解できる最初の一歩だと思うのですが。

ちょっと、そんなことを思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

南の島へ

本の方も一段落したので、8月には、南の島へ行こうと思います。

いつもの島ですが、少しだけのんびりしようと思います。

とりあえず、航空券と宿は押さえました。

あとは、台風の来ないことだけを祈っています。

予定は、お盆過ぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

そろそろ

当社の決算は6月です。と言うことで、そろそろ決算の準備を始めようかと考えています。

決算としても、未払いを整理して、減価償却費を計算するぐらいですが。

税金は、繰越欠損があるので、とりあえず均等割りだけです。それでも、申告書を作る必要があります。

一番時間が掛かるのが証憑の整理です。請求書や領収書は、科目別にまとめてあるのですが、これをキチンと貼るのが・・・

毎月やればいいのですが、どうしても1年まとめてやればいいやと思い、この時期に固まります。

それでも1日あれば終ります。あとは何時やるかだけです。

やっぱり、申告書が来てからにしようかなと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

すごい会議は、本当にすごい

すでに大きな話題になっている本です。

内容は話題になるだけのもので、本当に目から鱗が落ちます。

会議を意味あるものにするための方法が、こんな簡単なことだったのかと気づかされる思いです。

紙と鉛筆を用意して書けばいいだけなのですから。これだけでも読む甲斐はあります。

付録として会議の進め方のマニュアルが付いています。これに沿っていけばいいのでしょうが、もっと実例がほしいところです。

これだけ売れ続けているので、多分続編が出ると思いますが、そのときには、会議の事例をたくさん入れて欲しいですね。

今回の本では、著書の経営していた会社での経験しか書いてありませんが、著者紹介には多くの企業のコーティングをしているありますので、そこでの事例も読みたいものです。

何のための会議かわからない会議につき合わされることが結構多いので、是非多くの人に読んで欲しい思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月 6日 (水)

東京から帰ってきました。

昨日は、5時間掛けて最終のゲラをチェックをしました。

これで後は、本が出来上がるのを待つだけです。

しばらくは、ゆっくりしたのですが、そういうわけにもいきません。

来春開校予定の会計専門職大学院の設立準備が待ち構えています。

それでも、ひと段落したので、とりあえず今日のところは早めに帰ってゆっくり休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

今から東京へ行きます。

出版の最後の校正のために、今から東京の出版社へ行きます。

これが最後の校正です。

最終直せるのは、明日の午前中までです。

今日は東京に泊まって帰りは明日になります。

いよいよこれで最後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

メンターを探して

「メンター」という言葉をはじめて聞いてから10年ぐらい立ちます。

自分も師と呼べるような人と出会いたいと思っていますが、いまだめぐり合っていません。

著書はメンターに出会い人生を大きく好転させ、そのことを伝えようとしています。

また、何人かメンターに出会った人のインタビューも載せています。

インタビューに答えている人のメンターは、歴史上の人物だったり、従業員だったりと様々です。

実は、この本の出版記念講演会に参加して直接著者のお話を聞いています。

その際、著書にサインを頂きました。

サインの横に「あなたがあなたでいることが一番尊い」という言葉が添えられていました。

この言葉はメンターから頂いたそうです。

これまで座右の言葉を持っていませんでしたが、もうすぐ自分の本が出版されることもあり、座右の言葉が欲しくなりました。

メンター出会うことは簡単ではなさそうですが、とりあえず座右の言葉だけでも探してみようかと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年7月 3日 (日)

いよいよカウントダウンです。

20050701 前からお知らせしている執筆中の本ですが、表紙は、左のようになります。

なかなかスッキリとしていていいと思いますが、皆さんはいかが思われるでしょうか?

この本が来月の下旬には、本屋さんに並びます。見かけたら是非手にとってご覧下さい。

感想などいただけたらうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

明日は京都です。天気が心配です。

明日は、協会の懇親旅行で京都に一泊で行きます。

メインは貴船の川床料理です。

雨が降ると、中になりますので折角の川床が楽しめません。

食事の時間帯だけでも雨が降らなければ思います。

天気予報は見るとかなり厳しそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »