« えぇ、ひとりで | トップページ | 野次馬になってしまいました。 »

2005年7月30日 (土)

何事も

私たちのもっている「サムライ」像が打ち砕かれる本です。

われわれの知っているドラマや映画の「サムライ」は、理想化された幻想でしかないことがわかります。

新渡戸稲造の『武士道』さえ西洋のキリスト教に対抗するために美化された姿であるということです。

理想化された姿が過去には普遍的に存在していたとする論者には注意する必要があるかもしれません。

何事も常識と考えず懐疑的な態度で接することが重要であると教えられました。

|

« えぇ、ひとりで | トップページ | 野次馬になってしまいました。 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/5217893

この記事へのトラックバック一覧です: 何事も:

» No.457 新渡戸稲造 [千点写行]
北海道大学といえばクラーク博士の「青年よ大志を抱け」の石碑と銅像だが、もう一人、北大が生んだ国際人のはしりとも言われる新渡戸稲造氏の胸像がポプラ並木の脇に置かれている。 彼の功績は新渡戸稲造基金のサイトに譲るが、まさに明治時代、国際人として活躍した日... [続きを読む]

受信: 2005年7月30日 (土) 17時30分

« えぇ、ひとりで | トップページ | 野次馬になってしまいました。 »