« 何事も | トップページ | »

2005年7月31日 (日)

野次馬になってしまいました。

昨日、昼過ぎにテレビを見ていると消防車のサイレンとゴムの焼けたにおいがしてきましたので近くに火事が発生したことがわかりました。

母親が2階から見ると、意外と近くから煙が立ち昇っているということで、思わずその場にいた父と二人で現場に向かいました。

単なる野次馬として。咄嗟のときに親子で同じ行動を取るのも、やっぱり親子だからでしょうか。

現場につくと、もうすでに警察が道路を封鎖して、多くの野次馬が道を隔てた神社から見ているような状況です。

被害はどうも建物だけのようで救急車は来ていませんでしたが、住宅地ということもあり消防車の台数が目立ちました。

火はすでに下火になっていましたので、すぐに家へ帰りましたが、しばらくはヘリコプターが飛び回り、テレビの音声も聞き取れないような状況でした。

夕刊には間に合ったようで、3面に事実だけされていましたが、原因などはわかりませんでした。

実は、火事の現場をリアルタイムで見るのは初めてで、思わず野次馬をしてしまいましたが、現場だけでは何も情報がわからないということがわかりました。

余ほど、夕刊の小さな記事の方が、情報は多いです。事実だけでは情報になりえないことが、今回野次馬をしてわかりました。

それと親子の行動パターンも似ていることも。

|

« 何事も | トップページ | »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/5238497

この記事へのトラックバック一覧です: 野次馬になってしまいました。:

« 何事も | トップページ | »