« イベント1(すごい人1) | トップページ | イベント3(ご縁) »

2005年9月 6日 (火)

イベント2(すごい人2)

昨日に引き続いてエリエス・ブック・コンサルティングさんの記念イベントの話です。今日はもう1人のパネラーの公認会計士の山田真哉さんです。

すでに『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』が100万部突破のミリオンセラーになっています。今、一番有名な公認会計士です。

山田さんのお話で、一番印象に残ったのは、1冊目の本を出すときのお話です。

山田さんによるとブック・ファンドという方式で、著者が相当の負担をして出版されています。車が新車で買える位の負担です。

それだけではなく、自分で日経新聞に広告も出しているのです(3面の一番目立つところに)。

これらを長期の先行投資として考えているところがすごいです。2作目以降で回収のすることを前提にしているのです。

ここのところの考え方は、昨日の本田健さんと通じるところがありますね。

必ず、本を出し続ける。 この確信がすごいところです。そのために自分のブランドイメージを保つことに努めているのです。

この使命感のようなものが。どこから生まれてくるのか一度じっくり聞いてみたく思います。

それにしても『さおだけ屋』は、執筆に2年も掛けていたとは!

|

« イベント1(すごい人1) | トップページ | イベント3(ご縁) »

「出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/5797374

この記事へのトラックバック一覧です: イベント2(すごい人2):

« イベント1(すごい人1) | トップページ | イベント3(ご縁) »