« 本田健さんの本 | トップページ | ホームページ改造計画 »

2005年9月15日 (木)

裏と表は

暴力団の抗争事件を取り扱っていますが、それは単なる暴力団の権力闘争ではありません。

表の社会での利権を争っての殺し合いです。

この国は、いろりろな問題の解決のために、表の社会の人々が暴力団を利用します。

暴力団にとっては大きな利権なります。

暴力団を利用するのが、表の社会でも怪しい会社ではなく、一部上場会社の大手銀行や大手商社などです。

この本では、そのうちのいくつかの事件に触れていますが、たぶん氷山の一角でしょう。

それほど多く、この国は裏社会と結びついているということのようです。

読み応えがあります。

|

« 本田健さんの本 | トップページ | ホームページ改造計画 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/5939246

この記事へのトラックバック一覧です: 裏と表は:

« 本田健さんの本 | トップページ | ホームページ改造計画 »