« 季節は秋ですね。 | トップページ | ライブドアが残したもの »

2005年9月27日 (火)

古代史のなぞ

古代史はなぞが多く本当のことがよく分かりません。だから逆に面白いといえます。

公式な歴史書である『日本書紀』は、あまりに矛盾し過ぎていて、何か大きな事実が隠されているように思えます。

この本は、『日本書紀』以外の資料や考古学上の成果をもとに、大胆な仮説をもって古代史の謎に挑んでいます。

このような仮設と考古学上の発掘の成果が積み重なることによって、より真実に近い姿をいつか知ることができるかもしれません。

このような大胆な仮説がこれからもどんどん発表されることを楽しみにしています。

|

« 季節は秋ですね。 | トップページ | ライブドアが残したもの »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/6126867

この記事へのトラックバック一覧です: 古代史のなぞ:

« 季節は秋ですね。 | トップページ | ライブドアが残したもの »