« 今年もあと2ヶ月です。 | トップページ | 腐敗はどこまでも »

2005年11月 2日 (水)

揚輝荘(その2)

揚輝荘の白雲橋です。庭園の中にあります。屋根のある橋です。

DSC00231

京都の修学院離宮の千歳橋を模した橋だそうです。本家の千歳橋よりも大きようです。

最初見たときは、米国のマジソン郡の橋かと思いました。よく見ると欧米の橋というよりも中国風ではありますが。

緑の中に解け込んで、何とはいえず美しいです。紅葉の季節になると紅葉でより美しくなるそうです。

そのころには、池の脇にある茶室でお茶会があるとのこと。

見るか価値は、十分にあります。機会があれば是非。

|

« 今年もあと2ヶ月です。 | トップページ | 腐敗はどこまでも »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/6794627

この記事へのトラックバック一覧です: 揚輝荘(その2):

« 今年もあと2ヶ月です。 | トップページ | 腐敗はどこまでも »