« このブログの作者は? | トップページ | 新・会社法3(有限会社法1) »

2006年1月 5日 (木)

ローマの屈服

この『ローマ人の物語』も、ついに第14巻になりました。残すところ1巻になりました。今年出る第15巻で完結です。

長らく繁栄を続けてきたローマ帝国もついに、キリスト教に屈服しました。これまでローマに繁栄をもたらしてきた多様な価値観に対する寛容性はこれで失われます。あとは、帝国の死を残すのみです。

宗教にしろ、イデオロギーにしろ、他者の価値観を許容できないものが支配者になるとどうなるのか、このころのローマ人はまだ知りません。暗黒の中世がいかに長く続くか。

21世紀を生きるわれわれは、いまだそれを克服できていません。世界中で戦いは続いています。これからも続くことでしょう。

|

« このブログの作者は? | トップページ | 新・会社法3(有限会社法1) »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/7979610

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの屈服:

« このブログの作者は? | トップページ | 新・会社法3(有限会社法1) »