« 新・会社法6(有限会社法4) | トップページ | やっぱり、DVDは楽です。 »

2006年1月10日 (火)

こういう本が実務的ですね!

久しぶりに実務的に良い本を読みました。

普通の言葉で、説明してあるので分かりやすくて、とても実践向きです。

以前に、エリヤフ・ゴールドラット氏の

を読んだ時に、TOC(Theory of Constraints)という考え方は何となく分かるんだけど、どうやってやるの、という感じでしたが、今回の本を読んでできそうな気になりました。

ただ、『ザ・ゴール』とかを読んでない人には、当たり前のようにTOCだとか、クリティカル・チェーンなどの言葉が出って来るので最初は読みずらいかもしれません。

それを差し引いても、実践的で使えるところが多い本です。経営にかかわる人には必ず参考になると思います。

「作業担当者に『あと何日?』と質問するのだ」(P90)

「プロジェクト完了までの間に問題があるとしたら何がある?」(P95)

なお、本を読まれる方は、付録のCD-ROMに収録されいる「CCPM導入マニュル」(PDFファイル)をプリントアウトして一緒に読まれることを強くお薦めします(本と同じぐらい良い内容で、具体的なイメージがつかめます)。

|

« 新・会社法6(有限会社法4) | トップページ | やっぱり、DVDは楽です。 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/8027359

この記事へのトラックバック一覧です: こういう本が実務的ですね!:

« 新・会社法6(有限会社法4) | トップページ | やっぱり、DVDは楽です。 »