« 健康診断の結果 | トップページ | 『小さな会社のNo.1のルール』 »

2006年3月 2日 (木)

『酔って候』

幕末の4つの藩に関する短編集です。

幕末には四賢候と呼ばれる藩主がいました。すなわち土佐の山内容堂、薩摩の島津斉彬、伊予宇和島の伊達宗城、越前の松平春嶽、(一橋慶喜)です。

このうち、この本で直接的に取り上げられているのは、土佐の山内容堂だけですが、島津斉彬は弟の久光が、伊達宗城は、家来が取り上げられています。

しかし、個人的には、四賢候には、入れられなった肥前の鍋島閑ソウのお話が一番印象に残りました。

あの政治の時代に、政治にかかわらず超現実主義者のように、幕末最強の軍を秘密裏に作り上げ、いかなる風向きになろうとも他を圧倒できる実力を短期間に備えた見識には目を見張るものがあります。

「肥前の妖怪」と呼ばれたのも分かるような気がします。あまりにも時代から超絶していました。現代から見てもその感覚は鋭すぎます。

もしかしたら、今求められているものこの感覚かもしれません。

|

« 健康診断の結果 | トップページ | 『小さな会社のNo.1のルール』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/8894913

この記事へのトラックバック一覧です: 『酔って候』:

« 健康診断の結果 | トップページ | 『小さな会社のNo.1のルール』 »