« 常識が崩れていきます! | トップページ | WBCもちょっと面白くなってきました。 »

2006年3月20日 (月)

決算間際の節税方法は?

先日、3月決算会社の方とお話をしていときことです。

「当期は利益が出過ぎちゃって、節税しようと思って備品を××万円買っちゃいましたよ。」

と言われました。

決算の間際の節税というと、この手の話を良く聞きますが、これってもったいないですよね。

私ならまず、要らない物を探します。

たとえば、在庫です。売れないデッドストックの商品や、もう使えない販促用の貯蔵品とか、探せば結構ありますようね。

それから固定資産、一度償却台帳を片手に調べてみることをお薦めします。もう捨ててしまったのに台帳にのっている機械や、使っていない備品がきっと見つかるはずです。

とりあえず、これらを3月末までにキチンと処理(捨てれば)すれば、結構な額になると思います。

それでも足りないなら、もれているいるものを探します。

たとえば、社会保険料です。社会保険料は当月に支給した給料に対するものを翌月に納付します。ということは、支払ったときに費用処理している会社は、1ヵ月分未払計上できることになります。

それから3月決算なら、労働保険も未払い計上できるかもしれません。労働保険の計算期間は4月から翌年の3月までです。そのため、3月末に未払いが生じているかもしれません。申告は5月ですが計算してみる価値はあると思いますが。

探せば、ほかにも未払いのものがあるかもしれません。そういったものをこまめに計上するだけでも節税できると思いますよ(塵も積もれば)。

要らない物を買うとか、必要ない保険に入るとかよりは、いいと思うのですが・・・・。

|

« 常識が崩れていきます! | トップページ | WBCもちょっと面白くなってきました。 »

「税制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/9129371

この記事へのトラックバック一覧です: 決算間際の節税方法は?:

« 常識が崩れていきます! | トップページ | WBCもちょっと面白くなってきました。 »