« 水を飲んでいます。 | トップページ | 『平成日本タブー大全Ⅱ』 »

2006年3月 7日 (火)

?な本です。

財務コンサルタントが税金の本を書いているところが気になって読んで見ました。

税理士法では、税務相談とか申告書の作成は、税理士しかできないことになっています。しかし、本のタイトルをみると、税理士でない著者が税務相談をしているように読めます。

本を読むと無資格で税務相談をしているように読めますが、真偽のほどは分かりません。それに、著者のホームページを見ると申告書の作成も請け負っているようです(税理士に委託すると書いてはありますが)。

それは、さておき内容ですが、目新しいものはありません。普通の税理士であれば当たり前のことばかりです。表紙の帯には「税理士、公認会計士が教えてくれない!税金急減の超秘策集」とありますが、それはないだろうという感じです。

それに、本のはじめの方は、岡本吏郎氏(税理士)のベストセラー

の内容とほぼ同じです。

また、いくつかの手法は?ですね。というか誤解を招きやすい表現です。

税務の処理は、できると思ってもいざやってみると要件に外れていたりして、できないことも多いので注意が必要です。

本当に良くわかっている税理士さんに相談するのがいいと思います(それもあって私は税務業務をやらないようにしています)。私もよく知り合いの税理士さんに相談します。

専門家といっても、得手不得手があるので、そこのところ良く見極めてお話されると良いと思います(少なくとも私に個人の確定申告のことを聞かないようにお願いしますね)。

|

« 水を飲んでいます。 | トップページ | 『平成日本タブー大全Ⅱ』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/8971350

この記事へのトラックバック一覧です: ?な本です。:

« 水を飲んでいます。 | トップページ | 『平成日本タブー大全Ⅱ』 »