« 相変わらず、鼻の調子が・・・ | トップページ | 痩せてしまいました。 »

2006年4月25日 (火)

新・会社法18(機関設計1)

新・会社法の施行がいよいよ一週間後に迫りました。皆さん準備の方はよろしいでしょうか。

今回は、とりあえず、機関設計について、説明します。

会社の機関というのは、株主総会とか取締役会とか監査役なんかのことをいいます。この機関のデザインが会社法では自由化されました。

あまりに自由化されて、どんな機関にすればよいのか迷っている人もいることでしょう。本なんかを読むと40通りぐらいあって訳が分からなくなります。

しかし、会社法の機関設計は、実は簡単なんです。最低限必要な機関のあり方さえ理解できれば問題ありません。

たとえば、中小会社では、「公開会社」かどうかだけです。

・公開会社 → 取締役会 + 監査役

・非公開会社 → 取締役

これだけです。簡単でしょ。あとの機関は任意機関ですから必要であれば自由に設置します(一定のルールはありますが)。

|

« 相変わらず、鼻の調子が・・・ | トップページ | 痩せてしまいました。 »

「新・会社法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/9743139

この記事へのトラックバック一覧です: 新・会社法18(機関設計1):

« 相変わらず、鼻の調子が・・・ | トップページ | 痩せてしまいました。 »