« ようやく桜が満開に | トップページ | 風が強いですね! »

2006年4月 8日 (土)

『意味がなければスイングはない』

村上春樹の本です。

音楽を文章にした本です。

私の知らない音楽家ばかりですが、音楽を文字に置き換えることができるのは、さすがにプロの作家だと思いました。

著者の音楽への造詣は、とみに有名ですが、純粋に音楽について書かれた本はこれが初めてだと思います。

村上春樹と彼の興味のある音楽に関心のある人には、お薦めです。

|

« ようやく桜が満開に | トップページ | 風が強いですね! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

花野さん、こんにちは。
コメントをいただきましてありがとうございました。
13日(木)もよろしくお願いいたします。
また色々とご教授ください。

投稿: 日高正樹税理士事務所 | 2006年4月 9日 (日) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/9457665

この記事へのトラックバック一覧です: 『意味がなければスイングはない』:

« ようやく桜が満開に | トップページ | 風が強いですね! »