« ホリさんの新しい本が出ました。 | トップページ | 『フランス反骨変人列伝』 »

2006年5月18日 (木)

『Good Night, and Good Luck』

1950年代、アメリカにまだ正義が生きていた時代の映画です。テレビがジャーナリストの役割を果たしていた最後の時代でした。

この時代以降、アメリカは徐々に商業主義、保守化していき現在にいたります。テレビは完全にコマーシャリズムに支配されました。

たぶんこの傾向は世界的なことだと思います。世界は再び混沌に向かっているのでしょうか?

しかし、新しいメディアの萌芽が見られます。現代では、ブログなどが新しいメディアになりつつあるようにも思われます。

いずれにしても、時代に問いかける映画です。白黒の画面が我々に問いかけてきます。

『Good Night, and Good Luck』

|

« ホリさんの新しい本が出ました。 | トップページ | 『フランス反骨変人列伝』 »

「映画ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/10096558

この記事へのトラックバック一覧です: 『Good Night, and Good Luck』:

« ホリさんの新しい本が出ました。 | トップページ | 『フランス反骨変人列伝』 »