« 『謀略の昭和裏面史』 | トップページ | 今日は静岡へ »

2006年6月 1日 (木)

『機長からアナウンス』

もとの本は、平成13年に出版されたエッセイです。

2001年の9.11以降、航空業界は激変しているようなので、まだ牧歌的な感じが残っていたい時代を感じます。

それにしても、飛行機好きにとっては、面白い本です。

あの名機とよばれた、YS-11が実はあまり良くない飛行機であることや、やっぱり関空は沈んでしまった方がよかったりと楽しめます。

ちょっと、著者の処女ミステリーからの引用が長いのが気になりました。

ただ、私も以前に読みましたが、著書の処女作のミステリー『パイロット・イン・コマンド』はサントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞しているぐらい面白い作品です。

なお、このエッセイには続編もあるようなので探してみようと思います。

|

« 『謀略の昭和裏面史』 | トップページ | 今日は静岡へ »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/10324824

この記事へのトラックバック一覧です: 『機長からアナウンス』:

« 『謀略の昭和裏面史』 | トップページ | 今日は静岡へ »