« 『グズな大脳思考デキる内臓思考』 | トップページ | ついに出ました! »

2006年11月20日 (月)

『原典ユダの福音書』

1700年前のエジプトの古文書が復元されました。

日本ではあまり話題になっていませんが、キリスト社会では、クムランから発見された死海文書以来の大論争を生んでいます。

キリスト教の教義が今のように統一される前に存在したグノーシス派の福音書のひとつです。

書名自体は、古くから知られていましたが、実物はすでに失われたと考えられていました。

その内容は、現在のキリスト教の教義を、真っ向から否定するものです。

キリストを裏切った考えられてきた使徒ユダのみが、イエスの真実の教えを理解していたのです。

部分的に失われたところがあるので、すべてが明らかになったわけではありませんが、衝撃的な内容含んでいます。

これらの考え方が、異端とされたことも良く分かります。

|

« 『グズな大脳思考デキる内臓思考』 | トップページ | ついに出ました! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/12732008

この記事へのトラックバック一覧です: 『原典ユダの福音書』:

« 『グズな大脳思考デキる内臓思考』 | トップページ | ついに出ました! »