« クリスマス・イブ | トップページ | 『魔女の履歴書』 »

2006年12月25日 (月)

『銀行の急所』

少し前とは、打って変わって銀行が貸し出しの攻勢をかけてきています。

先日もあるメガバンクの方がおみえになって、融資先を紹介してほしいといわれました。

それまで、そのメガバンクとは一切取引もなく、その方とも一面識もなかったのですが。

私が顧問先で、ご紹介するようなところは、ないですねぇ、とお話したところ5分もたたずに帰られました。

そもそも、突然来て、融資先を紹介しろと切り出されてもお答えのしようもないのですが。

普通であれば、少しづつ信頼関係をつくった上で、具体的なお話になると思うのですが、どうも違うようでした。

その理由が、氷解したのが次の本です。

最近、銀行から融資話が持ちかけられた中小企業の社長は、必読の書です。

世の中の流れは、完全に変わりました。バブルの時のような失敗を2度としないように、是非ご一読を。

|

« クリスマス・イブ | トップページ | 『魔女の履歴書』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/13162432

この記事へのトラックバック一覧です: 『銀行の急所』:

« クリスマス・イブ | トップページ | 『魔女の履歴書』 »