« 『売れる&儲かる!ニュースレター販促術』 | トップページ | 今年最初のポッカは! »

2007年1月 9日 (火)

『粉飾の論理』

ビジネスにかかわるすべての人に読んでほしい本です。

多くのページを、カネボウとメディアリンクの粉飾について言及しています。

表面だけではなく、その裏に潜むものについても明らかにしている力作です。

個人的には、この本に登場してくる上記以外の事件にかかわた公認会計士の方と面識があり驚きました。

なぜなら、この本に取り上げられていた事件(?)の監査に、お手伝いに誘われたことがあったからです。

そのときは、すでにその方の属する監査法人のよくない評判を耳にしていたのでお断りしましたが。

今となっては、お断りして本当によかったです。

独立して間もないときだったので、誘惑に駆られないこともなかったのですが・・・

というぐらい身近に感じた本でした。

|

« 『売れる&儲かる!ニュースレター販促術』 | トップページ | 今年最初のポッカは! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/13356132

この記事へのトラックバック一覧です: 『粉飾の論理』:

« 『売れる&儲かる!ニュースレター販促術』 | トップページ | 今年最初のポッカは! »