« 日本でも監査法人の解体が | トップページ | 小沢代表の事務所費 »

2007年2月21日 (水)

『東京アンダーナイト』

ナイトクラブという言葉が、生きていた昭和の物語です。

著者は、日本のナイトクラブの代名詞となった「ニューラテンクオーター」の社長です。

力道山刺殺事件、ホテルニュージャパン火災事件、児玉機関、GHQなどが次々に出ってきます。

華やかな舞台の裏に、影も少しですが垣間見せてくれます。

|

« 日本でも監査法人の解体が | トップページ | 小沢代表の事務所費 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/13972938

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京アンダーナイト』:

« 日本でも監査法人の解体が | トップページ | 小沢代表の事務所費 »