« 『狂った裁判官』 | トップページ | 今週は、なんと銃撃の多い週でした。 »

2007年4月20日 (金)

『頭のいい人が儲からない理由』

自己啓発系の成功原則を説く本が多い中、この本にはリアリティがあります。

安易な起業により失敗していく人が多いなか、多くの人に読んでほしい本です。

「極論すれば、成功者になれるかどうかはどこまで執念をもって考え抜くことができるかの差であって、人と違うことを思いつくとか、フットワークがいいとかそういうことは、あまり関係ない。だから、この国の礎となりたいという奇特な人以外は、見る前に跳べではなく、跳ぶ前にじっくり考えることを、つねに心がけていただきたい。」(P35)

|

« 『狂った裁判官』 | トップページ | 今週は、なんと銃撃の多い週でした。 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/14784053

この記事へのトラックバック一覧です: 『頭のいい人が儲からない理由』:

« 『狂った裁判官』 | トップページ | 今週は、なんと銃撃の多い週でした。 »