« 『法人の税務調査のポイント』 | トップページ | 『あなたの会社&お店がネットで儲かる!』 »

2007年5月30日 (水)

公認会計士短答式(企業法)

この前の日曜日に実施された公認会計士試験短答式(企業法)の問題文を入手しましたの検討してみました。

全体の難易度は、昨年よりも若干上がっているように感じましたが、それほど大きくは変わってはいない気がします。

キチンと勉強していれば、8割以上は得点できるのではないでしょうか(?)

一番気にしていたのは、問題の難易度ではなく、出題分野の割合です。

具体的には、金融商品取引法から何問出されるかということです。

企業法の論文式で、金融商品取引法から出題される可能性は低いので、短答式での出題割合によって対策が異なるからです。

結果は、昨年同様2問でした。2問とも基礎的な問題でしたので、それなりの対策を採ればいいことが分かります。

ということで、さっそく対策を法律科目の先生と打ち合わせたいと思います。

|

« 『法人の税務調査のポイント』 | トップページ | 『あなたの会社&お店がネットで儲かる!』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/15253866

この記事へのトラックバック一覧です: 公認会計士短答式(企業法):

« 『法人の税務調査のポイント』 | トップページ | 『あなたの会社&お店がネットで儲かる!』 »