« 携帯を替えました! | トップページ | 招福宝くじ風鈴! »

2007年5月14日 (月)

『食い逃げされてもバイトは雇うな(上)』

公認会計士である山田真哉さんの新書第2弾です。

第1弾の『さおだけやはなぜ潰れないのか』でも思ったのですが、個人的には会計の本という気がしない本です。

一般人にとっては、数字を扱っているので、会計の本ということになるのでしょうが。

基本的には、経営における計数感覚を養成する本という受け止め方を個人的にはしています。

その点では、良くできた本だと思います。

ただ、この本を読んだからといって会計が分かるかというとそうでもないでしょう。

やはり、会計はビジネスの言語といういわれるように、身につけるために地道な努力がどうしても必要になります。

学問に近道がないように、会計にも近道はないのが本当のところです。

|

« 携帯を替えました! | トップページ | 招福宝くじ風鈴! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/15044437

この記事へのトラックバック一覧です: 『食い逃げされてもバイトは雇うな(上)』:

« 携帯を替えました! | トップページ | 招福宝くじ風鈴! »