« 『キリストの棺』 | トップページ | 訃報 »

2007年7月 4日 (水)

『ホスピタルクラウン』

昔、「パッチ・アダムス」という映画があったことを思い出す本です。

小児病棟で病に傷ついた子ども達に、ボランテイアで笑いを届けるクラウン(道化師)のお話です。

決して大げさではなく、無理をせず自然体の感じです。

実は、著者の大棟さんとは、それと知らずにお会いして、一緒にお酒を飲みました。

そのときは、変な髪形の人ということ以外、普通の人でした(当たり前ですが)。

その後、クラウンを定期公演会で見て、この本を読みました。

そのお陰か、より深く読むことができたような気がします(何だか友達の本を読むよな感じです)。

|

« 『キリストの棺』 | トップページ | 訃報 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/15624992

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホスピタルクラウン』:

« 『キリストの棺』 | トップページ | 訃報 »