« 世間はお休みですが、仕事しています! | トップページ | 『怖いくらい人を見抜ける血液型の本』 »

2007年8月14日 (火)

『意外な首里城王朝紀』

この前、石垣島に行ったときに、乗り継ぎの那覇空港で買った本です。

琉球王朝の歴代の王の事跡を簡単にまとめています。琉球王朝のことを概略理解するには手ごろな本といえます。

特に、江戸時代、実質的には薩摩藩に支配されていたにも係らず、薩摩藩が貿易の利益を得るために明、清に冊封され続けていた実態が良く分かります。

沖縄の歴史に関心のある人には、お薦めです。

|

« 世間はお休みですが、仕事しています! | トップページ | 『怖いくらい人を見抜ける血液型の本』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/16097578

この記事へのトラックバック一覧です: 『意外な首里城王朝紀』:

« 世間はお休みですが、仕事しています! | トップページ | 『怖いくらい人を見抜ける血液型の本』 »