« 『すごい名刺』 | トップページ | 今日から11月です! »

2007年10月31日 (水)

『走ることについて語るときに僕が語ること』

村上春樹氏の最新刊です。でも小説ではありません。

エッセイにというわけでもない自伝のような感じです。

特に小説家になる前後から今日までを、長距離走を走ることに重ね合わせて語っています。

これまで、あまりプライベートな面を表現してこなかった作家だけに興味をもって読みました。

この本を読むと、小説を書くということが、ビジネスといかに共通点が多いかわかります。

ある意味、経営者にお勧めの本です。

|

« 『すごい名刺』 | トップページ | 今日から11月です! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/16919209

この記事へのトラックバック一覧です: 『走ることについて語るときに僕が語ること』:

« 『すごい名刺』 | トップページ | 今日から11月です! »