« 今年、最初の忘年会です! | トップページ | 名古屋シティマラソン!応援! »

2007年11月22日 (木)

金融商品取引法8

1.発行開示の対象

 まず、発行開示について、金融商品取引法では「募集」に当たる有価証券の新たな発行について開示義務を課しています。「募集」に当たらない「私募」については、開示義務が免除されています。

・有価証券の発行

 「募集」・・・発行開示

 「私募」・・・免除

2.「募集」とは

 人数基準と属性基準により分類された新たに発行する有価証券の取得の申込みの勧誘をいいます。

 ①人数基準

  ・50名以上の一般投資家:募集

  ・50名以下の一般投資家

    a.多数の者に譲渡されるおそれがある:募集

    b。多数の者に譲渡されるおそれがない:私簿

 ②属性基準

  ・適格機関投資家以外に譲渡されるおそれが少ない:私募

  ・適格機関投資家以外に譲渡されるそれがある

    a.50名以上:募集

    b.50名未満

     ⅰ多数の者に譲渡されるおそれが少ない:私募

     ⅱ多数の者に譲渡されるおそれがある:募集

 まとめると、人数(50名)と適格機関投資家(プロ)がキーになるということになります。

 

|

« 今年、最初の忘年会です! | トップページ | 名古屋シティマラソン!応援! »

金融商品取引法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17120008

この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品取引法8:

« 今年、最初の忘年会です! | トップページ | 名古屋シティマラソン!応援! »