« 『となりのクレーマー「苦情を言う人」との交渉術』 | トップページ | 年末調整の資料 »

2007年11月 7日 (水)

『よくわかる新信託法の実務』

9月30日からすでに施行されている新信託法ですが、一般的にはこれまで馴染みがなくすぐに利用しようという状況ではないようです。

しかし、これまで解決が難しいとされていたケースの相続・事業承継問題の解決が見込まれる手法もあります。

また、新しいビジネスのうねりを生み出す予感もあります。

ただ、法律の問題もすべてがクリアーというわけでもなく、ましてや税法は曖昧なままです。

そうはいっても、クライアントの問題解決に役立つならば知識として理解しておく必要があります。

そこで、本書ですが、信託法だけでなく、信託業法、登記、税法についても概略を外観できます。

ただし、法律用語に不案内ない人には、かなりハードルが高いかもしれません。士業の方が概要を知るのに良いかもしれません。

</p>

|

« 『となりのクレーマー「苦情を言う人」との交渉術』 | トップページ | 年末調整の資料 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/16984769

この記事へのトラックバック一覧です: 『よくわかる新信託法の実務』:

« 『となりのクレーマー「苦情を言う人」との交渉術』 | トップページ | 年末調整の資料 »