« ニュース・レターのバックナンバー | トップページ | 年賀状 »

2007年11月26日 (月)

金融商品取引法12

1.発行開示

募集や売出しをする場合には、事前に有価証券届出書または発行登録書を内閣総理大臣へ提出しなければなりません。これを発行開示といいます。

発行開示を行なわないと有価証券の開示や有価証券を取得させることができません。

2.発行開示しなければならい場合

次の場合には、発行開示を行なわなければなりません。

①発行価額総額が1億円以上募集

②非開示会社の有価証券で、売出価額総額が1億円以上売出し

③適格機関投資家向け非開示会社の有価証券の一般投資家向け勧誘

④組織再編成による株式等の発行または既発行株式等の交付の一部

|

« ニュース・レターのバックナンバー | トップページ | 年賀状 »

金融商品取引法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17171758

この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品取引法12:

« ニュース・レターのバックナンバー | トップページ | 年賀状 »