« アルバトロス | トップページ | 『よくわかる新信託法の実務』 »

2007年11月 6日 (火)

『となりのクレーマー「苦情を言う人」との交渉術』

この本の著者がいうように「現代は苦情社会」です。

これまでは、著者が勤務していた百貨店など小売がターゲットでしたが、今ではモンスターペアレントと呼ばれる親が学校に難癖をつけたりします。

職種による例外はなくなりつつあり、誰もがいつクレーマーの被害にあうかわからない社会になりました。

著者が主張するように、「知識武装」が必要です。

悲しいかなそんな時代に我々は生きているようです。

|

« アルバトロス | トップページ | 『よくわかる新信託法の実務』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/16982978

この記事へのトラックバック一覧です: 『となりのクレーマー「苦情を言う人」との交渉術』:

« アルバトロス | トップページ | 『よくわかる新信託法の実務』 »