« 金融商品取引法40 | トップページ | 金融商品取引法41 »

2007年12月27日 (木)

『水問題の重要性に気づいていない日本人』

中国での水不足など、世界の水不足が報道されていますが、日本の問題はあまり大きく取り上げられません。

産業廃棄物の不法投棄など、水源の汚染が進んでいます。それに水ビジネスが絡んで深刻な事態が見えないところ進行しているようです。

一番の発見は、「食料」というものに形を変えた『水』の最大の輸入国が日本だということです。

例えば、牛肉一キロを生産するには、10万リットルの水が必要になります。

ということは、食料を輸入することは、世界的に実は乏しい資源である水を形を変えて輸入していることになります。

地球環境を考えるのであれば、もう少し食料を自給率を高める必要がありそうです。

それからミネラルウォーターですが、軟水のVolvicから硬水のSanBenedettoに替えてみました。

マグネシウムが、0.8ミリグラムから33.8ミリグラムです。軟水の方が飲みやすいのですが、しばらく試してみます。

|

« 金融商品取引法40 | トップページ | 金融商品取引法41 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17485881

この記事へのトラックバック一覧です: 『水問題の重要性に気づいていない日本人』:

« 金融商品取引法40 | トップページ | 金融商品取引法41 »