« 金融商品取引法31 | トップページ | 今年のポスターは! »

2007年12月18日 (火)

『お役所の潰れない会計学』

最近、会計士業界で注目を集めている公会計です。北海道の夕張市の財政破綻により公会計自体の見直しが急務になっています。

しかし、この本は公会計に関する本ではありません。なぜお役が潰れないかその理由を説明している本です。

ところどころで、企業会計との比較を行なっていますが、上滑りの議論で論点が外れているように思えます。

たとえば、お役所の予算制度の良いところばかりで、致命的な欠点(単年度使いきりの弊害)については指摘がありません。

などなどありますが、お役所サイドから出た本としては意味があるのかもしれません(意識のギャップが分かるという意味で)。ただし、著者は元は民間の人ですが。

|

« 金融商品取引法31 | トップページ | 今年のポスターは! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17394689

この記事へのトラックバック一覧です: 『お役所の潰れない会計学』:

« 金融商品取引法31 | トップページ | 今年のポスターは! »