« 相談会大盛況! | トップページ | 『監査難民』 »

2007年12月22日 (土)

金融商品取引法36

・発行市場における損害賠償請求

 虚偽記載等ある有価証券届出書に基づいて募集または売出しにより有価証券を取得した者は、次のような損害賠償請求を行なえます。

①発行会社

 無過失責任で損害賠償請求を行なえます。

②役員等

 役員・売出人、監査法人、元受証券会社へ過失責任を問う連帯賠償責任を追及できます。ただし、責任範囲は異なります。

 役員・売出人:届出書すべて

 監査法人:財務諸表

 元受証券会社:財務諸表以外

|

« 相談会大盛況! | トップページ | 『監査難民』 »

金融商品取引法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17445044

この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品取引法36:

« 相談会大盛況! | トップページ | 『監査難民』 »