« テニス打ち初め! | トップページ | 『儲かる会社の社長の条件』 »

2008年1月28日 (月)

『一度も植民地になったことがない日本』

昨年、話題になってベストセラーになった本です。

中身は、当然ですがタイトルほど過激ではありません。

外国人(スウェーデン人)男性と結婚した著者による文化ギャップのお話です。

既知のことも結構ありますが、あらためて異文化を理解することの難しさを感じました。

その中でも面白いと感じたのは、社交についての考え方です。

リストラされたときに備えての人脈作りの場だとは思いも由りませんでした。

などなど面白い話があります。ご興味のあるにお勧めです。

|

« テニス打ち初め! | トップページ | 『儲かる会社の社長の条件』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17820016

この記事へのトラックバック一覧です: 『一度も植民地になったことがない日本』:

« テニス打ち初め! | トップページ | 『儲かる会社の社長の条件』 »