« 『社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』 | トップページ | 『米中論』 »

2008年1月 4日 (金)

金融商品取引法49

今回から大量保有の状況に関する開示制度に入ります。

・5%ルールの目的

 大量保有の状況にに関する開示制度といえば、5%ルールです。これは投資家を保護すため、株券等を5%超取得した者の情報を開示する制度です。

 開示される情報は、次のような情報です。

 ①大量保有の目的(売り抜けか、経営支配権取得か)

 ②大量取得の資金(自己資金か、他人資金か)

 ③単独保有か、共同保有か

|

« 『社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』 | トップページ | 『米中論』 »

金融商品取引法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17565507

この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品取引法49:

« 『社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』 | トップページ | 『米中論』 »