« 『アイスクリームは20℃で売れ!』 | トップページ | ニュースレター更新1月! »

2008年1月24日 (木)

株価下落考1

世界中の株価の下落が止まりません。

米国のサブプライムから始まった株式市場の下落は、メガバンクに巨額の損失を与え、中東の政府系ファンドからの出資を仰ぐことになりました。

一説によると、顕在化しているサブプライムの損失は、残高の一割程度だといわれています。

まだまだ、この影響は続きそうです。

さらに、サブプライムローンなど金融商品の証券化を支えてきた「モノライン」と呼ばれる米国金融保証会社がいよいよ破綻するようです。

もしかしたら、サブプライムよりモノラインの破綻の方が世界の金融に与える影響は大きいかもしれません。

すでに、モノラインの再保証を引き受けている日本の損害保険会社でも損失計上が懸念されいます。

まさに、底なし沼です。

これにより、これまで金融機関がお年寄りをはじめシロウトに販売してきた商品の化けの皮が剥れることになるでしょう。

結果、多くの人が自己責任という言葉の意味を理解することになります。

|

« 『アイスクリームは20℃で売れ!』 | トップページ | ニュースレター更新1月! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17794176

この記事へのトラックバック一覧です: 株価下落考1:

« 『アイスクリームは20℃で売れ!』 | トップページ | ニュースレター更新1月! »