« 『一度も植民地になったことがない日本』 | トップページ | 確定申告書が来ました! »

2008年1月29日 (火)

『儲かる会社の社長の条件』

今をときめくカリスマ社長とカリスマ税理士の対談です。

それだけでも読む価値があるかもしれません。

人によっては過激に聞こえるかもしれませんが、真実を突いているといえます。

「コンピュータができない社長は辞めた方がいい」(p165)

すべてに賛同するわけではありませんが、経営に携わるのであれば一度は読んでみることをお勧めします。

|

« 『一度も植民地になったことがない日本』 | トップページ | 確定申告書が来ました! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/17820102

この記事へのトラックバック一覧です: 『儲かる会社の社長の条件』:

« 『一度も植民地になったことがない日本』 | トップページ | 確定申告書が来ました! »