« 『中小企業経営者のための経営支配権確保術』増刷! | トップページ | 大学院修了式 »

2008年3月20日 (木)

『北斎展』

生まれて此の方、名古屋市に住んでいますが、初めて名古屋市美術館へ行っていました。

特別展で行なわれている『北斎展』を見るためです。

北斎というと、どうしても富岳三十六景ですが、今回は肉筆画が多数出展されていました。

その多くが、オランダおよびフランスからの里帰りです。

出島のオランダ商館から北斎へ、日本の風俗画の依頼があったそうです。

当時から、ヨーロッパは情報収集に余念がなかったようです。

北斎は、その長い生涯に多くの作品を残していますが、西洋風の画風を取り入れたり、肉筆画から浮世絵、漫画まで、多彩な才能を発揮しました。

ヨーロッパの画壇にも影響を与えたことも、その作品を直に見ると納得できます。

あらためて感じました。北斎は、日本が生んだ天才の1人です。

|

« 『中小企業経営者のための経営支配権確保術』増刷! | トップページ | 大学院修了式 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/40546338

この記事へのトラックバック一覧です: 『北斎展』:

« 『中小企業経営者のための経営支配権確保術』増刷! | トップページ | 大学院修了式 »