« このブログが紹介されました! | トップページ | 今日から新年度です! »

2008年3月31日 (月)

『アメリカから来たスパイたち』

著者は、既に故人ですが日本共産党の幹部であった大野達三氏です。

戦後日本におけるアメリカ諜報機関の活動を詳細に分析しています。

内容的には、現在ではすでに既知な部分がほとんどですが、最初の版が出版された1960年代当時にここまでの内容で出版されたことには驚きです。

ただ、どうしても悪のアメリカと正義の共産党という構図で、まだ世界で共産主義国の勢いがあった時代の文章であるため、現在では違和感を感じます。

|

« このブログが紹介されました! | トップページ | 今日から新年度です! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/40638108

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカから来たスパイたち』:

« このブログが紹介されました! | トップページ | 今日から新年度です! »