« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

『徳川将軍家の結婚』

NHKの大河ドラマでは、「天璋院 篤姫」が放映されていますが、江戸時代将軍の正室の立場は時代により異なりました。

当初は、政略結婚が主でしたが、その後は格付けのためのお飾りになり、後半は名実もに夫婦関係へと歴史的変遷を経てきました。

意外と、正室を中心とした大奥の政治的力が強かったことも分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

『昭和陸海軍の失敗』

副題は、「彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか」です。

座談会をまとめたものですが、当時の状況がよく分かります。

当時の軍部が、今の官僚と同じだったという情けない状況です。

戦争という国家の存亡がかかっているのに、能力主義で指揮官が選ばれることもなく、人間関係の好き嫌いで人事が行われ、高級参謀は失敗しても処罰されることもない。

これでは、勝てないですね。

上がダメでも、戦場の指揮官が優秀だったため、あれだけ長く戦えたという皮肉な結果もあります。

60年以上前の失敗から、この国は何も学んでいないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

カラスの多い時期です!

この時期になると、例年新入社員が飛び込みセールスをやらされます。

特に証券、商品先物、人材派遣などです。

新人に飛び込みをやらせる会社の方は、研修の一環と考えているかもしれませんが、毎日新人の飛び込みセールスが来るこちらとしてはいい迷惑です!

これが名前を聞いたこともないような会社なら分からないでもないのですが、業界の最大手が来ます。

会社のイメージが悪くなるだけなので、見直した方が良いと思うのですが・・・

ちなみに、このように飛び込みをやらされる新入社員のことを「カラス」というそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

『町工場強さの理由』

この本の本当のタイトルは、『経常利益率35%超を37年間続ける町工場強さの理由』です。

帯には、

「7割の注文を当日発送

会議の時間は年間30分以下

リーダーは自然に生まれる

町工場初の株式上場」

と、一見非常識な言葉が並びます。

しかし、読めばそれが著者の哲学に裏打ちされた合理的な行動の結果だということが分かります。

日本経済を支える中小企業の経営者に是非読んでもらいたい本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

『マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか』

この国のマスコミが抱える構造的な問題点が、前半の第1章で分かりやすく解説されています。

この部分だけでも読む価値があります。

言論の自由とマスコミの独立性の関係の重要性が理解できました。

現状では、日本のマスコミは、欧米より、マスコミがいつも批判している国々により近いことが分かります。

与えられたものではなく、戦い勝ち取ったものでない限り、形だけのものになるというですね。

ただ、後半は著者の拠って立つ立場なのか、引用が多く読みにくく感じまいた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月26日 (月)

『新進化論が変わる』

2000年に「ヒトゲノム(人の遺伝情報)解析計画」(概要版)が完了したことよりに、従来の進化論のいくつかの常識が変わりました。

有名なところでは、490万年前に人と分岐したチンパンジーと、人のゲノムとの違いは1.23%しかないということ。

また、人のDNAの34%はウイルスのかけらだということが新たにわかりました。

これらの新たな知見により、ダーウィンの進化論に対しても新たな仮説が提示されています。

特に著者が提唱するウイルス進化論には、これまでの常識を覆すほどのインパクトがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

短答式です!

今日は、本年度の公認会計士試験短答式試験です。

昨年度の2日間から、本年度は1日に短縮されました。

時間数の短縮割合に応じて、問題数も減少しているのか、試験傾向は同じなのか、などなどこれまで知りたかったことが明らかになります。

受験生の皆さんは、試験制度が変わるので大変でしょうが、全力で頑張ってください。健闘を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

PROJECT2012

私が現在教鞭をとっている愛知大学(会計大学院)が2012年に、名古屋駅のすぐ近くに新キャンパスを開校します。

これは、名古屋市が進めている笹島(ささしま)地区再開発の一環で、そのコンペで愛知大学の案が採用されたからです。

といことで、2012年に向けて、大学全体で盛り上げていこうとするプロジェクトが「PROJECT2012」です。

Project2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

『法律より怖い「会社の掟」』

日本企業で、どうして不祥事が絶えないのか、その理由を解き明かす1冊です。

「不祥事が続く5つの理由」を上げていますが、いずれも日本の社会的な文化や心理に即したのです。

それだけに説得力があります。

ただ、コンプライアンスやCSRと叫んでいても不祥事がなくならいわけが分かります。

ビジネスに携わるすべての人に読んでほしい本です。

学校でいじめがなくならないのも、ここにある理由からだとも考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

『霞ヶ関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』

小泉内閣時の知恵袋である元財務省官僚が著者です。

非常に論理的(単純化しすぎの面もある)で、20年前の公認会計士受験時代に勉強した「経済学」を思い出しました。

著者の立場は、現在のアメリカと同じの小さな政府を指向するものです。

これからの財政を考える上で、読んでおくべき本でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

市民税・県民税の特別徴収税額決定通知書!

今年も、市役所から市民税・県民税の特別徴収税額決定通知書が送られて来ました。

特別徴収というのは、市民税・県民税を会社が支払う給与から源泉徴収して、会社が個人に代わって納付する制度です。

普通は、確定申告で個人が自分で納付する普通納付と特別徴収が選べるのですが、名古屋市は、特別徴収だけのようです。

それはさておき、税源の地方への移譲や定率減税の廃止もあって、納税額が毎年上がっていきます。

最近の値上げラッシュもあるので、せめて地方税ぐらい現状維持だとうれしいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

『経営承継円滑法』成立!

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(通称「経営承継円滑法」)が、5月9日に成立しました。

施行は、10月1日です。

これにより同族会社の事業承継で、問題となっていた遺留分の問題が、特定の要件を満たす場合には解決されます。

ただ、税制の方は、平成21年度改正が遡及して適用されますが、詳細については不明なため、実務的には来年以降の話になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ニュースレター5月号をUP!

弊社発行のニュースレター5月号をホームページのアップしました。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

よろしければご覧ください。

お知らせまでに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

そう言えば、NHKでドラマが・・・

6月14日(土)(21:00~21:58)から、毎週土曜日6回にわたり、NHKで公認会計士を主人公にしたドラマが放映されます。

その名も

「監査法人」

http://www.nhk.or.jp/nagoya/program/bangumi/sonota_080614_1.html

です。

内容はかなりシビヤなもののようです。

一応、日本公認会計士協会が監修していますので、そんなに変な内容ではないと思いますが。

お時間のある方は是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

『パチンコ「30兆円の闇」もうこれでだまされない』

オーストリアのGDPを上回り、世界で第20位の国に匹敵する産業がパチンコ産業です。

パチンコ人口が減り続ける中、売上高30兆を維持し続けています。

昨年、6月に風営法の改正があり、射倖性が減じられたとはいえ、まだまだ衰えを見せません。

そのようなパチンコ産業ですが、実質はだれが見ても賭博です。

それにも関わらず、この国では賭博を取り締まるはずの警察が、その利権をしゃぶっているという歪な構造があります。

この巨大なパチンコ利権の闇を追求した1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

お祭りです!

お祭りのようです。

022_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困った総理大臣!

今週の福田内閣のメルマガのタイトルは

[困っているときこそ。福田康夫です。]

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0515/0515.html

です。

ミャンマーのサイクロンや中国四川省の大震災の救援には積極的なようです。

ただし、自国の国民が困っていることには、関心がないようです!

[困った総理大臣です!]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

税理士の電子証明書

日本税理士連合会から、「電子証明書発行申請書」が送られてきました。

電子申告のためには、電子証明書が必要になりますので、その認証局を連合会に設置しています。連合会としては、税理士全員の電子証明書の取得を推進しているようです。

私自身、申告業務をほとんどやっていないこともあり、まだ電子証明書を取得していませんが、現在どのぐらいの比率の税理士が取得しているのか知りたいですね。

税務署からも時々、電子申告の依頼の文書が郵送されてきますが、それなりのコストもかかりますので、もうしばらく様子を見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

『カラシニコフ自伝』

日本人はあまり知りませんが、世界でもっとも有名な自動小銃にカラシニコフという銃があります。

ライセンス生産も含め、7千万丁以上は生産されているといわれ、今なお作られ続けています。

あのビンラデンも手にしていましたし、ゲリラというゲリラが世界中で使っている銃でもあります。

アフリカでは、少年兵が肩に担いでいます。

それだけ優秀な銃でもあるということですが、ベトナムのジャングルの泥水につかっても、砂漠の砂が入り込んでも撃てるという優れものです。

その設計者こそ、カラシニコフです。

旧ソ連の軍事機密の壁に隠され、これまで秘密にされてきたその人生が語られています。

その人生も波瀾万丈な人生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

『通訳捜査官』

著者は、警視庁・警察庁の通訳捜査官(中国語)として実際に取り調べその他、現場で活躍していた警察官でした。

健康上の理由で、警察官を退職した後、現場で実際にあった出来事を書いています。

著者の専門が、中国語であるため中国人の犯罪者との戦いが主です。

それにしても、文化の違いというか、中国犯罪者の自己中心的な思考には、ついていけません。

福建省では、いい若者がフラフラしていると近所のおばさんから、日本に密航でもして稼いでこいといわれるそうです。

このような倫理観の違いを認識して、これからは私たちも物事を考えていかなければいけない時代になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

『心臓外科医』

本当のプロフェションとは何かが分かる本です。

出版されたのは5年前ですが、医療業界がそれほど変わっているとは思えませんので、今でも十分参考になります。

命に関わる手術を受けるなら、本当のプロフェションに執刀してもらいたいものです。

そうなったら、まずはこの本を参考にインターネットを検索します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』

少し古い本のため、税法関係ですでに廃止になっているものもありますが、経済の裏側を知るにはよい本です。

表だけでなく裏もあるのが、現実の世界です。

その点、著者の専門は、地下ビジネスですから詳しいです。

ある意味お勧めの1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

『女について』

この本は、僕が初めて読んだ佐藤正午の小説です。

昔読んだ短編小説集ですが、これほど上手い小説は読んだことがありませんでした。

それ以来、手に入る佐藤正午の小説、エッセイを読みあさり、最近は新刊が出るのを楽しみにしています。

たまたま本を整理していたら出ってきたの読み返してみました。

今読み前かえすと、倫理的にどうかという感じがしないわけではありませんが、後の長編作品に続く何かがあります。

お勧めは、やはり代表作の「ジャンプ」でしょう。映画化されたのでそちらも見ましたが、映画もそれなりによかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

『水戦争』

地表の7割は水に覆われていますが、そのうち淡水はわずか3%しかありません。

その3%も局地の氷だったりして、実際に使用できるのはそのまた3%です。

つまり、地球上の0.1%の水しか利用できないのです。

それにもかかわらず、世界的な人口爆発により、急激に水資源がなくなっています。

世界の貧しい国で、水不足が深刻な問題になっています。

国連でも問題提起されていますが、この問題は石油や穀物と同じようにすでに利権と化しています。

日本では、それほど意識されていませんが、食物を輸入することで、間接的に水を大量に輸入している現実があります。

これからの問題意識として、一読すべき1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

同等性評価

金融庁は、4月22日に欧州委員会(EC)が公表した同等性に関する作業報告書に対して5月1日にコメント発表しました。

http://www.fsa.go.jp/inter/etc/20080501.html

ECの作業報告書では、日本基準も現在進めている作業を進めている限り、IFASと同等と認められる予定であるとのことです。

これにより、日本基準のIFRSへのコンバージェンスがより進むことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

自動車税納税通知書

今年も自動車税の納税通知書が届きました。

納付期限は、6月2日です。

それにしても、税金の納付も年々便利になりますね。

コンビニ納付は、当たり前で、私は利用していませんがインターネットバンクでも納付できます。

ネットで納付した場合には、後日納税証明書が送られてくるそうです。

本当に便利になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

『のぼうの城』

またまた、戦後国時代の忍城の小説です。

資料が少ないながら、天下の秀吉軍を相手に、寡兵で守りに抜いた姿が小説の題材によく合うようです。

主人公となる成田長親のこともよく分からないためか、作者によりそれぞれ人物像が異なります。

ただ、個人的には、前にご紹介した『水の城』の方がおもしろかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

「中小企業の会計に関する指針(平成20年版)」

5月1日に、「中小企業の会計に関する指針(平成20年版)」が関係各団体から公表されました。

主な改正点は、次の通りです。

●棚卸資産の評価基準

 従来、低価法と呼ばれていた評価基準に統一されました。

●リース取引

 所有権移転外ファイナンス・リースの借手処理が、売買処理と明記されました。賃貸借処理は例外とされました。

http://www.asb.or.jp/html/press_release/domestic/sme6/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

ニュースレター号外1号!

弊社発行ニュースレターの号外第1号をアップロードしました。

題して「これが中小企業の実態だ!!」です。

これまで考えられてた規模より零細な中小企業が多いことがわかりました。

是非、ご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

『名人板前日本料理の秘伝』

表紙に著者の野崎洋光氏の写真があったので思わず買ってしまいました。

野崎氏が以前出演していた料理番組を見たことがあって、そのときの印象がよかったことが一番の理由です。

日本料理の基本を、家庭でもできるようにわかりやすく解説しています。

それも説明が合理的なので納得できます。

思わず自分でも何か作ってみたくなる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

ブロードバンド化!

PC環境を一新して、最後に、通信環境をISDNからemobileにしてブロードバンド化しました。

見違えるようにストレスがなくなりました。

さっそく

の音声ファイル(約32M)をダウンロードしましたが、たった3分でした。

これまでだと1時間はかかっていましたので革命的な早さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ガソリン値上げ!

今日から5月ですね。

季節も天気もいいので、気分もいいです。

でも、それ以外は、値上げ値上げで気落ちしました。

ガソリンは、とうとう値上げです!

2/3を使ってまで値上げする必要があるのでしょうか?

今の政治は、本当にKYですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »