« 『水戦争』 | トップページ | 『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』 »

2008年5月10日 (土)

『女について』

この本は、僕が初めて読んだ佐藤正午の小説です。

昔読んだ短編小説集ですが、これほど上手い小説は読んだことがありませんでした。

それ以来、手に入る佐藤正午の小説、エッセイを読みあさり、最近は新刊が出るのを楽しみにしています。

たまたま本を整理していたら出ってきたの読み返してみました。

今読み前かえすと、倫理的にどうかという感じがしないわけではありませんが、後の長編作品に続く何かがあります。

お勧めは、やはり代表作の「ジャンプ」でしょう。映画化されたのでそちらも見ましたが、映画もそれなりによかったです。

|

« 『水戦争』 | トップページ | 『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/41098555

この記事へのトラックバック一覧です: 『女について』:

« 『水戦争』 | トップページ | 『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』 »