« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

『警視庁情報官』

架空の物語です。インテリジェンスについて知りたい人には参考になります。

前半は、説明的で小説としては今一ですが、後半はスピード感が出て面白くなります。

ただ、気になるのは、警察官僚を正義の味方のように持ち上げすぎているところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

『ローカル線ガールズ』

全国各地にある第三セクター鉄道の苦戦が報じられています。

そんな中にあって、注目を集めている第三セクター鉄道があります。

福井県の「えちぜん鉄道」です。

どういう訳か、1両か2両しかない車両なのに、女性のアテンダント乗っているのです。

そのアテンダントの物語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

ニュースレター6月号アップ!

弊社発行のニュースレターを更新しました。

お時間のあるときにご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

平成20年度短答式合格者

今、東京から戻ってきて、公認会計士・監査審査会のHPで今年度の公認会計士試験短答式の合格者調べを見ています。

http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/tantougoukaku20_a.html

今年の合格点は、総点数の65%です。

合格率は、21.7%で、昨年の18.5%より上昇しています。

学歴別合格者調べによると「会計専門職大学院修了」が57.7%と突出して合格率が高くなっています(短答免除効果が出ています)。

会計大学院卒業生には、この調子で論文も頑張ってほしいですね。

ただ、この調子で論文合格者が出ると、監査法人への就職が難しくなるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京です!

今日も月に1回の東京です。先月は大学院の授業があって行けなかったので、久しぶりの感じです。

場所は、市ヶ谷の駅から歩いて10分ぐらいのところにある日本公認会計士協会本部です。

麹町郵便局の真裏です。

http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/so_inquiry/index.html

行きは坂道を上っていきますが、帰りは下ります。

今回は、来月に名古屋で開催される研究大会のことも話題に上るようですので、実行委員として本部としっかり調整したいと思います。

http://cpe.jicpa.or.jp/new/announce_20080121.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

『枕女優』

帯に惹かれて買ってしまいました。

「芸能界騒然の問題作 芸能プロ社長にしてノワール小説の鬼才が、ついに禁じ手を舞台に!」

読んだ感じは、芸能週刊誌を読んでいるようでした。

特に新鮮みは感じませんでしたが、芸能界にあこがれている人にはショックな内容かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

経営承継法(その5)

経営承継法で定める民法の特例である「除外の特例」とは、オーナーが生前に後継者へ贈与した会社の株式を遺留分の対象から除外できるという制度です。

この特例で注意しなければならないの適用要件です。

・特例中小企業者

・旧代表者

・後継者

・株式等の贈与

これらについて、次回以降順を追って説明します(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

『するどい「質問力」』

コンパクトな本ですが、内容は実践的で充実しています。

大学院の授業などで、どういう質問したらいいのか悩んでいましたがヒントを得た感じです。

この手の本では、めずらしく回りくどくなく切れ味のいい本です。

ビジネスでも役立つ本です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

経営承継法(その4)

中小企業の事業承継で一番問題になるのは、相続による株式の分散です。

その原因は、民法に定められて「遺留分」というものにあります。

そもそも自分の財産は、自由に処分できるのが原則です。相続の場合でも同じです。

遺言により法定相続分に関係なく、特定の人に財産を残すことができるばずです。

しかし、民法は、残された相続人の生活保障や相続人間の公平を図るため、相続財産の一定割合を自由に処分できないとしています。

これが遺留分と呼ばれるものです。

基本的に遺留分は、法定相続割合の1/2(直系尊属だけの場合は1/3)です。

経営承継法では、この遺留分に対して、2つの特例を定めています。

・除外の特例

・固定の特例

この二つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

『文章のルール』

ネット社会になって、ますます書くことが重要になってきましたが、キチンとした文章を書ける人はそう多くはありません。

そうはいっても、書く機会は多くあります。少なくとも意味の通じる文章を書きたいものです。

そこで役に立つのが、この本です!

忘れがちなちょっとした文章の書き方から、メールの書き方まで、これ1冊でなんとかなります。

書くことが苦手な人にお薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

企業ブランド力アップセミナー

今日は、出版コンサルタントである株式会社エリエスの土井英司さんのセミナーに行ってきます。

企業ブランド力アップセミナー in 名古屋「社長がメディアに出て会社の価値を10倍高める方法」

http://eliesbook.co.jp/archives/71

土井さんとも久しぶりにお会いできるので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

経営承継法(その3)

経営承継法は、中小企業を対象にしています。対象となる中小企業は次の通りです。

①製造業、建設業、運輸業その他の業種

 資本金3億円以下 または、従業員300人以下

②卸売業

 資本金1億円以下 または、従業員100人以下

③サービス業

 資本金5,000万円以下 または、従業員100人以下

④小売業

 資本金5,000万円以下 または、従業員50人以下

⑤その他

 政令で定める業種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

検査指摘事例研修

今日は、公認会計士協会の研修で司会をします。

研修の司会は、役柄ときどきやるのですが、今回は公認会計士協会主催というよりは、公認会計士・監査審査会からの要請という色彩のつよい研修になります。

内容は、すでに公表されている公認会計士・監査審査会による監査法人等に対する検査事例についてです。

事例の中身につては、そんなことが本当にあったのと疑いたくなるようなものもありますが、現実には信じられないこともあるようです。

かなり耳にいたい研修になりなりそうですが、心して聞いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

経営承継法(その2)

経営承継法には、3つの柱があります。

①遺留分についての民法の特例

 家督相続型の事業承継を目指す上で、大きな武器になります。

②金融支援措置

 事業承継に政府の金融支援が受けられます。

③相続税の納税猶予制度

 附則の規定ですが、「必要な措置を講ずる」とされています。実際には来年度の税制改正で実現し、今年の10月に遡って適用される予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

タイガー、トリプルグランドスラム!

プロゴルファーのタイガーウッズが、プレーオフの末、全米オープンに勝利しました。

これで4つのメジャー大会で、それぞれ3勝したことになり、ジャック・ニコラウス以来のトリプルグランドスラムの達成です。

まさに快挙です!

ツアーで勝つことさえ大変なことなのに、メジャー大会でグランドスラムを3回も達成したなんてすごすぎます。

それも膝の手術明けにもかかわらずです。

世界には、とんでもなくすごい人がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会保険算定基礎届

社会保険事務所から月額報酬の算定基礎が届きました。提出期限は7月10日です。

社会保険(健康保険と厚生年金)の保険料は、4,5,6月の給料の平均で決まります。

この金額を届け出ると、9月から保険料から適用されます。

昔からこのように計算してますが、今時コンピュータが発達しているのでこのような中途半端な計算ではなく通年で計算したら良いと思うのですが。

事務的にも面倒なので、所得税の源泉徴収制度と統合してほしいものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

経営承継法(その1)

先月(5月)に経営承継法が国会で承認され交付されました。

正式名称は、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」です。

その一部は、10月から施行されます。

中小企業の事業承継に大きなインパクトを与える法律になります。

ただ、条文自体は16条しかありません。附則の3条を加えても20条もない法律です。

詳細は、今後出される政令を待たなければなりませんが、今分かっている範囲で何回かに分けて見ていきたいと思います。

とりあえず、今日のところは予告だけということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

『新・アジア赤貧旅行』

ここしばらく、海外へ行っていません。

プライベートでは、一人旅が多いのですが、この本を読むとまた出かけたくなります。

なぜか贅沢な旅行よりも、貧乏旅行に心惹かれてしまいますね。

リゾートホテルのサービスは、どこも同じようなものですが、地元のホテルは時に合宿所のようなところもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

岩手宮城内陸地震!

朝から地震のニュースが続いています。

三陸地方は、30年周期で大きな地震が来ることで有名ですが、予想通りに来たようです。

中国の地震とは規模が違いますが、地震の多い地方だけあって建物の被害はそれほどでもないようです。

いざという時のために、耐震などの備えは必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKドラマ『監査法人』

今日から、NHKでドラマ『監査法人』が放送されます。

すでに公式ホームページが立ち上がっています。

http://www.nhk.or.jp/dodra/kansahoujin/index.html

公認会計士を主人公にしたドラマとしては、面白そうな予感ですね。

全6回ですが、どんな展開になるやら楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

『プリズン・ストリーズ』

ジェフリー・アーチャーの短編集です。

題材は、彼が過ごした獄中で入手したものです。

偉大な作家は、どこでも小説のネタを見つけてきますね。

中には、会計士が主人公の小説もあります(犯罪者ですが)。

それぞれに味わいが深いです。

さすがに、ストリーテイラーと感じさせるものばかりです。

次は、長編のようなので、そちらも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

『抱腹絶倒!困った地球人』

日本人は、内向きには人と同じことに安心感を覚え、外向きには日本人は特殊であると主張する変わった習性があります。

そんな日本人を海外の人は、

「生で魚を食っている」

「ご飯に黒紙を巻いて食べてる」

「ウサギ小屋に住んでる」(p5)

といっているようです。

しかし、そんな外人も日本人以上に変わっています。

そんな生態を集めたのが、この本です。

特殊なのは日本人だけではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

名義株

3月決算のある株式を、2月に売却しました。

ということは、3月末現在株主ではないということです。

しかし、先週その会社から株主総会の招集通知が送られて来ました。

不思議に思い株主名簿管理人へ電話で確認したところ、新しい株主の名義になっていないとのことでした。

その会社の株式は保管振替機構(保振)扱いでしたから、新しい株主はわざわざ保振から株券を引き出して手元に置いていることになります。

配当はないので、実質的な問題は生じないのでいいのですが、短期売買するような株ではないので本当に不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

『アイデア・ダンプ』

できる人がやっている発想法です。

思いつくまま、頭の中が空っぽになるまでアイデアを書き出す手法です。

方法は至って簡単です。

形や名前を変えて、世の中に、この手法が存在していることに最近気がつきました。

一度試してみることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

情報誌とティッシュ

私の事務所はオフィス街にあるので、通勤の途中にフリーペーパーなどの情報誌をよく配っています。

大抵は荷物になるので、受け取らないのですが、この前は思わず受け取ってしまいました。

その雑誌は、リクルートが出している求人フリーペーパー「タウンワーク」です。

実のところ私には、全然関係ありません。

しかし、おまけとしてティッシュペーパーが、1箱ついていたので衝動的に受け取ってしまったのです。

これまでは、ポケットティッシュはありましたが、さすがに箱は初めてでした。

もしかしたら、トレンドの変化で、これから街ではポケットティッシュではなくて、箱になるかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

公認会計士の転職DM雑誌

自宅に、公認会計士の転職雑誌の見本誌がアンケート依頼と一緒に送られていました。

それを見て考えたのは、まず、そろそろ公認会計士協会の名簿に、自宅の住所を載せないことを検討する必要があるということですね。

いろいろなDMが送られてきますが、明らかに名簿を見ていると思われるものが多数あります。

それから、個人で事務所を開設しているのに、「転職」はないと思うのですが、一斉に発送しているからでしょう。

同封されているアンケートの質問項目には、監査法人勤務者を前提にしており(当たり前か)、答えようがありませんが。

それにしても、アンケート回答者全員へ「喜多方ラーメン」とは太腹です(それだけ転職ビジネスが儲かるということですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

久しぶりのテニスです。

ほぼ半年ぶりの若い人たちとのテニスです。

体が動くかどうか心配ですが頑張って来ます。

久しぶりに、気持のよい汗を流したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

四日市で総会です!

今日は、日本公認会計士協会東海会の総会です。

総会は、毎年各県会(愛知、静岡、岐阜、三重)の持ち回りで、今年は三重県です。

ということで、三重県の四日市市に行ってきます。

夜の懇親会まで、1日に四日市で過ごすことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

繋がらない水族館

先週の中日新聞の一面で紹介されていた名古屋水族館のライブ映像ですが、全然つながりませんね。

http://town.commufa.jp/channel/aquarium/index.html

いつアクセスしてもダメです。

これでは、水族館とコミュファ光の評判が悪くなるばかりだと思うのですが・・・

早く対応してほしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

『図解日本がわかる「地図帳」』

県単位で、いろいろなことを45項目にわたって比較している本です。

たとえば、東京都、大阪府、愛知県の県内総生産の合計は、日本全体の32%にも上り、ロシヤは言うに及ばずカナダGDPより多いのです。

また、公共事業への依存度が大きい県は、高知県、北海道、宮崎県、岩手県、青森県など軒並み県内総生産の40%を超えています。

これらの県では、公共事業がなければ県自体が立ち行かないことが明らかです。

道理で、宮崎県の東国原知事が、暫定税率廃止に反対していた訳です。ちなみに宮崎県の公共事業依存度は45.8%です。

などなどいろいろな発見のあると本です!幸福度なども比較しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

本格的に梅雨入りですね。

名古屋は、今日も朝から小雨です。

平年より早い梅雨入りで、今年の梅雨は長引きそうです。

気分もどちらかというと、落ち込み気味ですが(青空が恋しいです)。

ただ、救いは、例年この時期湿度が高くなり過しにくいのですが、今年は気温が上がらず意外と涼しいことです。

世間では、温暖化が話題になっていますが、今年は年明けから全体としては気温が低い傾向にあるような気がするのは気のせいでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

『”KZ法工場改善』

値段は高い(3万円税抜き)ですが、これまで読んだ中で、最高のコンサルティングの本です!!

なにより実践的ですし、実際のコンサルティング現場の動画がDVDで、3社分(合計120分)も収録されています。

映像とテキストで相乗効果で理解できますし、現場にいる臨場感があります。

これなら、定価の3万円はむしろ安いくらいです。

これまで、いろいろな改善手法を試してみたけど効果がなかったという会社に特にお勧めです。

手法は、極めて簡単です。ただ、経営者が参加するだけです!

本当に効果のある方法、いつもシンプルです。

中小企業の経営者に、最高にお勧めの1冊です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

改正道交法!

今日から6月ですが、改正道路交通法が施行されました。

そのポイントは次の3つです。

1.後部座席シートベルト着用義務

 高速道路および自動車専用道路では、1点減点になります!

 バスにも適用がありますので、窮屈になりそうです。

 あと、タクシーでも装着しなければなりません。

2.自転車歩道通行可能要件の明確化

 自転車は、原則車道を走ることになります。

 例外は、子供や老人などです。

 歩道を歩いていると、後ろからきた自転車に接触されるときがあるので、これで少しは改善されるかも?

3.75歳以上に「もみじマーク」義務づけ

 75歳以上の人が自動車を運転する場合には、通称「もみじマーク」を付けることが義務づけられました。

 全国には75歳以上のタクシードライバーが4,000人以上いるそうですから、これからは「もみじマーク」のタクシーが見られそうです。

 ちなみに、「もみじマーク」を「枯れ葉マーク」と呼ぶ人もいるみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »