« リーマン・ショック続く! | トップページ | 中日本五会研究大会パネリスト会議 »

2008年9月17日 (水)

『新三河物語 上巻』

この本は、7月末まで中日新聞ほかに連載されていた時代小説です。

大久保彦左衛門の「三河物語」を下敷きにしていますが、著者独自の視点で物語を膨らませています。

大久保一族の物語ですが、人ととしての生き方について考えさせられる本です。

実は、連載は、後半から読み始めて面白いと思っていたので、是非前半も読みたいと思っていました。

今月の下旬にでる中巻が楽しみです。

|

« リーマン・ショック続く! | トップページ | 中日本五会研究大会パネリスト会議 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/42483525

この記事へのトラックバック一覧です: 『新三河物語 上巻』:

« リーマン・ショック続く! | トップページ | 中日本五会研究大会パネリスト会議 »