« AERA! | トップページ | 今年最後の東京出張です! »

2008年11月26日 (水)

「資産の総額」

今年から学校法人(幼稚園)の監査にたずさわることになったので、気になったことをメモ代わりに残しておきます。

学校法人は、毎年「資産の総額」を登記しなければなりません。

その根拠条文ですが、学校法人を規制する私立学校法ではなく、組合等登記令(第6条第3項)という法律になります。

ここでいう「資産の総額」は、一般的に貸借対照表の資産合計額と思いがちですが実は違います。

「資産の総額」とは、積極財産から消極財産を控除した純財産を意味します。

具体的には、資産総額-負債総額で計算される「正味財産」を登記することになります。

会計を知っている人にとっては、何だかややこしい話ですね。

ビジネス・インスパイア 花野公認会計士事務所

マスターマインドセミナー2008

|

« AERA! | トップページ | 今年最後の東京出張です! »

学校法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/43174465

この記事へのトラックバック一覧です: 「資産の総額」:

« AERA! | トップページ | 今年最後の東京出張です! »