« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

激動の1年が終わります!

このブログをご覧の皆さま、この1年ありがとうございました。

今日で、激動の1年が終わります。

後年ターニングポイントとなった1年だったと歴史に刻まれることになるでしょう。

今後数年間、この国は構造的な変化に伴う痛みに耐えなければなりません。

多くの悲劇が起こるでしょう。

それでも前を向いて生きていかなければならないのが人間です。

来年が、皆様にとって少しでも良い年であることを願って今年最後の記事にしたいと思います。

良いお年をお迎え下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

中東大戦争!

今年も残すところ、あと1日となりました。

激動の1年でしたが、来年は年初からかなりきな臭い年になりそうです。

イスラエルによるガザ地区への空爆が激しさを増してます。

アメリカによるイランへの空爆という噂も現実味を帯びてきました。

来年1月のオバマ氏の大統領就任式前後に、大きな危機が来ると言われています。

中東だけでなく、インドとパキスタンも危ないです。

早くも金融・商品市場は、反応しています。

どうも呑気なのは、極東の島国だけのようです。

外務大臣がアル中では、どうしようもありませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貸借対照表がなくなる!

日本公認会計士協会の機関誌である『会計・監査ジャーナル』の最新号(1月号)によると、将来財務諸表の体系が国際的に変更になるようです。

これまでの

貸借対照表

損益計算書

キャッシュ・フロー計算書

が、次のように変わります。

財政状態計算書

包括利益計算書

キャッシュ・フロー計算書

です。

貸借対照表が財政状態計算書になるのですが、表示の仕方が大きく変わります。

これまでの借方・貸方という勘定式ではなく、損益計算書と同じの報告式になります。

科目の並びも大きく変更になります(資産の頭は現金ではありません)。

また、損益計算書も包括利益計算書になり、経常利益はなくなり、含み損益を反映した包括利益が最終的に計算されるようになります。

唯一、名称の変わらないキャッシュ・フロー計算書ですが、表示の仕方が財政状態計算書と包括利益計算書と統一されます。

来年、これらの変更が国際会計基準(正確には国際財務報告基準IFRS)として承認されると、近い将来日本でもこれに沿った変更が行われます。

これまで慣れ親しんだ貸借対照表とか損益計算書という名称がなくなるのは、少し寂しい気もしますが、新しい財務諸表はかなり機能的に整理されているので早く適応したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

年末調整!

年の瀬も押し迫り、弊社の年末調整が終わりました。

毎年の恒例行事ですが、1年に1回のことので思い出すの少し時間が必要です。

法定調書も一緒に作成したので、これで無事、年を越せそうです。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

『ローマ亡き後の地中海世界 上』

平和が失われるということの意味を、どれほどの日本人が認識しているでしょうか。

ローマによる平和が失われた地中海世界では、その後千年も暗黒時代が続きます。

二つの一神教が、ぶつかり合う悲惨な世界です。犠牲になるのは、いつも弱き庶民です。

ヨーロッパとイスラムのの宗教対立の本質が分かりました。この本が描く時代を経ているからこそのルネッサンスだということが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

今年最後の忘年会です!

今日の夜は、学生時代からの友達と今年最後の忘年会です!

これで今年も飲み納めの予定です(あくまでも予定ですが)。

歴史的な1年も残り僅かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

年末年始休業のお知らせ!

明日12月27日から年明け1月4日までお休みします。

その間のお問い合わせは、弊社ホームページのお問い合わせからお願いします。

http://homepage3.nifty.com/binspire/

回答は、1月5日にさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

事務員名簿等の提出依頼について

毎年、この時期になるとタイトルの依頼文書が税務署から来ます。これには2つの書類の提出が求められています。

ひとつは「税理士等事務職員名簿」で、職員の名簿を前職の職歴も含めて記載します。個人情報保護の観点は、基本的にはないようです。

もう一つは、「税理士等関与納税者名簿」で顧問先と請け負っている業務を書きます。

目的は、「税理士業務の適正な運営を確保するため」ということですが、具体的には何に使うのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

イブだというのに・・・

今日はクリスマス・イブだというのに、顧問先と一緒に所轄の税務署に行ってきます。

税務調査とかの関係ではないのである意味気楽なのですが、それにしてもクリスマス・イブに行きたいところではないですね。

税金には、クリスマス・イブも関係ありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

税理士会ポスター!

税理士会から今シーズンのポスターが送られてきました。

モデルは、昨年の菊川怜さんから、今年は釈由美子さんになりました。

とりあえず、事務所の扉に張っておきます。

http://www.meizei.or.jp/taxinfo/poster/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

ニュースレター更新しました(12月号)

弊社発行のニュースレターを更新しました。

よろしければご覧下さい。

12月号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

『「儲かる!会社」に一瞬で変わる』

マーケティングへのモチベーションが落ちたときに読むといい本です。

成功するために必要なのは、テクニックではなく執着心だということを再認識させてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

平成21年度税制改正について

与党の税制改正大綱が公表されてから1週間が経ちました。

当初予定されていた相続税の大改正が見送られ、景気対策重視の改正内容になっています。

事業承継税制については、経営承継相続人のみの相続税から税額控除方式なりました。

小規模宅地の特例との併用も可能なようですので、使い方によっては納税額を大きく減らせる可能性もあります。

そのほかの改正と併せて、動向に注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

役員忘年会!

今日は、日本公認会計士協会東海会の役員の忘年会です。

この1年、7月の全国の研究大会をはじめどっぷりと協会活動につかっていたような気がします。

来年は、2月に中日本五会研究大会が行われます。それまで気が抜けません。

というようなことを考えつつ今日だけは年忘れといきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

同等性評価!

報道によると、15日にEUは日本の会計基準を国際財務報告基準(IFRS)と「同等」と認定したということです。

しかし、時代はもはや同等性評価を目指したIFRSへのコンバージェンスではなく、アメリカにおけるIFRS適用という段階における、日本におけるIFRSへのアドプッションを検討する段階に移行しています。

金融危機もそうですが、状況の変化は世界全体で急速に進みます。日本もスピードが求められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ミュゼさんのクリスマスパティー!

今日は、ミュゼの谷さんからクリスマスパティーへのお誘いをいただいているのですが、生憎大学院の教授会と重なっていて間に合いそうもありません。

せめても二次会からは参加したいと思っています。それに久しぶりにあの人にもお会いできそうですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

イタリア語レッスンのお知らせ

ある異業種交流会でご一緒している渡辺憂子さんからのお知らせです。

(以下引用です。)

イタリアバールで朝食体験!

イタリア語体験レッスンです。

イタリアにはなくてはならないバール(喫茶店)

そこで使う会話と共に

イタリア人の朝食を体験してみましょう!

イタリア語の経験は要りません。

口が覚えるように何度も言うことを目標にします。

バールにまつわる情報もたくさんお伝えしようと思っています。

・イタリア好きな方

・旅行をご計画の方

・異文化に触れてみたい方など

ご参加お待ちしています。

いろんな人とお友達になれたらな、と思っています。

ぜひお友達も誘ってご参加ください!

日時:1月18日(日)10:00~約1時間

場所:刈谷市産業振興センター502会議室

    刈谷市相生町1丁目1番地6

費用:おひとり¥1000

お申し込み・お問い合わせ

みもざ(渡辺憂子)

mimosa226@yahoo.co.jp

ご連絡後24時間以内にはお返事いたします。

(引用終わり)

お近くの方は、参加されては

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』

帯には「一枚のぞうきんで会社が変わる!」とありますが、決して掃除だけで会社が変わった訳ではありません。

しかし、この本では如何にしたら従業員十数人の会社が生まれ変わるかが分かります。

それも松下電器の幹部候補生が見学に訪れ、NHKで取り上げられるなど、ある意味超一流企業へ。

中小企業の経営者は、必読です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

もうすぐクリスマスです!

世の中は暗いニュースばかりですが、ここは童心に戻ってクリスマス・プレゼントを考えましょう。

Amazonを見ていたら思わず、欲しくなりました。

クリスマスおもちゃ100選

ちょっと恥ずかしくて買えませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

あ!あ!アメリカ

ビックスリー支援法案が廃案となり、株安、ドル安と、これが世界に波及し、今年のクリスマスはこれまでにない暗いクリスマスになりそうです。

2008年は、経済破綻の最初の年としてして記憶されることになりました。先進国はこれまでのような繁栄を享受することは2度とないでしょう。

経済のグローバル化により不況にも壁がなくなり、一国だけ安泰ということもありません。

ただ、日本は「日本語」という参入障壁により、他の国より影響を直接受けにくいかもしれません。

10年後の歴史に、この経済危機はどのように書かれるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

『奇跡のリンゴ』

「奇跡」という言葉が、これほど似合う物語はありません。

NHKや民放で、すでに何度も取り上げられていますが、一般的にはまだまだ知られていません。

将来この国の農業および国土を救うことになる偉業が達成されたというのにです。

奇跡を起した人とその家族の試練、そして自死しようとするその瞬間、まるで神から啓示のように、奇跡への扉が開かれます。

その人の人生は、ほとんどドラマです。

奇跡は、常識を超えたところでありますが、遠くにあるのではすぐ近くにあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

『ロシア・ショック』

大前研一氏が、日本から見えていない最近のロシアの現状をレポートしています。

これからの可能性も含めて成長の可能性が大きいことが分かります。

なお、最近の金融危機の影響についてもう少し詳しい記述があるともっと充実したものなったように思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ニュースレター更新しました(11月号)

弊社発行のニュースレターを更新しました。

更新が少し遅れましたが、よろしければご覧下さいね。

11月号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

年賀状作成!

いよいよ年末間近になって「喪中」のはがきをいただいています。今年ご不幸があった方々の年末年始のご挨拶ご遠慮のご案内です。

これをいただくとそろそろ年賀状の用意をしないといけないと感じます。

今年は暗い話題に始終しましたが、来年が必ずしも明るいわけではないので、どんな文面しようか迷っています。

何とかあかるい感じにできるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

『ならず者の経済学』

イタリアの気鋭の経済学者の著書です。

副題は、「世界を大恐慌にひきずり込んだのは誰か」です。

ソ連が崩壊して以降、世界で何が起こっていたのか、類書にない分析を行っています。

これからのためにも必読の1冊でしょう。

ハードカバーですが、スリリングな小説のような専門書です。

経済の裏側を知りたい人にお勧めです。

「今日の奴隷ひとりの平均価格は、民主主義が最低レベルにあったと思われる時代に栄えたローマ帝国の価格の10分の1以下である」(p10)

「驚くべきことに、グローバル時代のスーパーリッチたちを富ませいるのは、投資による収益ではなく、給料の増加である」(p72)

「”無知こそ克服しなければならないこと”」(p77)

「『国家に経済の重大な変化を管理する能力がないと、マフィアが根を張る』(ヴァレーゼ『マフィアの移動方法』)」(p103)

「バナナはイギリスのスーパーマーケットが売る商品のなかで最も利益のあがるもの、単独一位の稼ぎがしらだ。そしてその利益は次のように分配される。スーパーマーケットにほぼ半分の45%、輸入業者に18%、プランテーション会社に15.5%、そして労働者に2.5%。」(p180)

「こうして、ならず者起業家たちは、別の人生ーセカンドライフーを生きたいという人々の心の奥底に巣食う最もダークなファンタジーを利用して、市場を構築することに成功したのだ」(p212)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

年末年始アルバイト

先日、事務所のポストの中に郵政事業株式会社からの年末年始年賀状仕分け作業のアルバイト募集のはがきが入っていました。

大募集ということで、アルバイトが不足してるのかと思いや、報道によると今年はこの不景気で中高年も含め募集率が高いそうです。

生活費の足しにするために、仕事を持ちながら、あるいは探しながらアルバイトをせざる得ないご時世になってしまいました。

将来に対する希望が切実に望まれる時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

合格祝賀会!

今日は、1日会計大学院です。

午前中は、来年度に入学する入試合格者に対する勉強方法などの説明会です。

午後は、まず後期入試の説明会と公開講演と個別相談会が行われます。

その後、前研究科長であられた高田正淳先生の講演会があります。

そして、最後に今年度および昨年度公認会計士試験に合格した修了生および院生、並びに税理士試験科目免除論文審査に通った修了生の合格祝賀会です。

と、二次会および三次会・・・・です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

固定資産税(償却資産)の申告について

毎年、償却資産税の申告はキチンと行っているのですが、区役所から上のようなご案内が来ました。

その内容は、次の通りです。

「・・・申告していただいておりますが、あなた(貴社)の場合、課税標準額が一定の額を満たしておらず、固定資産税が課税されていない状況が続いております。

 そこで、今回からは、申告書の送付を省略させていただきますので、ご了承下さい。

・・・場合や、・・・・・場合には、改めて申告していただく必要がありますので、・・・・申告書をご請求くださいますようお願いいたします。」

ということで、年末の作業がひとつ減りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

『ハッピーフライト オフィシャルガイド』

前に紹介した映画『ハッピーフライト』のオフィシャルガイドです。

たぶん、この映画のDVDが出たら買ってしまいそうです。

映画をより楽しみために、お薦めの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

『螺鈿迷宮』上・下

この著者(海堂尊)の小説(医療ミステリー)に最近はまっています。

この小説も一連の架空都市「桜宮市」を舞台とした連作を形成しています。

おなじみのメンバーも出って来ますが、この本だけで独立した物語を作っています。

すぐに読み通せるので、著者の作品が文庫になるついつい買ってしまいますね。

しばらく、文庫が出るが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

奈美悦子さん!

さっき、女優の奈美悦子さんを事務所近くのローソンで見ました。

テレビ局とのタイアップ企画のようです。

200812021011000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『蘇我氏四代の冤罪を晴らす』

最近、古代の豪族である蘇我氏見直しの本が多く出版されています。

この本もそうです。

発掘などの新たな発見により歴史が見直されるのはいいことですね。

この本の著者のように専門家による意見も参考になります。

ただ、新書という性格上、論証を確認する引用の注記がないのが残念です。

ビジネス・インスパイア 花野公認会計士事務所

マスターマインドセミナー2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

CPE制度説明会!

今日は、来年度から変更される公認会計士協会のCPE制度の説明会を静岡で行います。

本部のCPE制度協議会の委員であるので、講師をします。

ということで、今日は、昼から新幹線で静岡まで行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »