« 『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』 | トップページ | 新大統領と経済 »

2009年1月22日 (木)

『道化師(クラウン)流サービスの力』

クラウンというとわかりにくいですが、クラウンの中の一つの役割であるピエロであれば皆さんもサーカスなどでご覧になったことがあるでしょう。

海外では、クラウンのステータスは相当高いようで、サーカスのオーナーが実はクラウンだったということもあるようです。

そんなクラウンの「おもてなしの心」がこの本では公開されています。

空気を読んで、もぐり込んで、いつの間にか空気自体を変えるそんな技の極意がわかります。

プロとしてのスキルの大切を教えてくれます。

|

« 『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』 | トップページ | 新大統領と経済 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/43755577

この記事へのトラックバック一覧です: 『道化師(クラウン)流サービスの力』:

« 『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』 | トップページ | 新大統領と経済 »