« 『山口組概論』 | トップページ | 大阪に出張です。 »

2009年1月 7日 (水)

『M&Aアドバイザーの秘密』

前半の著者のこれまでの人生は、外資系金融機関の実態が分かって非常に興味深いです。

中盤からのM&Aの理論は、かなり高度です。会社法の組織再編はもとより、金融理論などの知識がないとほとんど理解できないでしょう。

それでも本書は、実務家の著作であるため実践的であれるといえます。

CFOや財務のアドバイスを行う人であるならば、この本ぐらいは読みこなさないといけないと思います。

特に、第5章の企業価値評価の方法の理解は、国際財務報告基準による新しい財務諸表体系を理解する上で基本になる思われます。

財務の専門家必読の本です。トライしてみて下さいね。

|

« 『山口組概論』 | トップページ | 大阪に出張です。 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/43576206

この記事へのトラックバック一覧です: 『M&Aアドバイザーの秘密』:

« 『山口組概論』 | トップページ | 大阪に出張です。 »