« 国際会計基準適用! | トップページ | 『公務員の異常な世界』 »

2009年1月29日 (木)

『二本指の法則』

人差し指と薬指の長さの比が、いろいろなことを教えてくれます。著者はイギリスの心理学の教授です。

男性は、人差し指より薬指が長い傾向にあり、女性は薬指より人差し指が長い傾向にあります。

個人差もあり、薬指の長い人は運動能力が高いそうです。人種によっても違いがあり、日本人は薬指の長い方に分類されます。

これらは、胎児の時にあびた性ホルモン(男性ホルモン・女性ホルモン)の量の違いによるものであり、そもそもホルモン量の違いは婚姻形態の違いが影響しているようです。

また、人類は進化の過程で女性化する道を選択し、今なお女性化し続けているそうです。

なかなか興味深い本です!

|

« 国際会計基準適用! | トップページ | 『公務員の異常な世界』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/43828805

この記事へのトラックバック一覧です: 『二本指の法則』:

« 国際会計基準適用! | トップページ | 『公務員の異常な世界』 »